園芸や家庭菜園などの植物に関するDIYから、家の補修や改造まで書いています。緑に囲まれた空間にしたいものです。また、いろいろ使えそうなマイクロハウスについても書いています。

それと、家の修復をDIYって言ってるけど、どういう意味なのかについても調べてみました。

マイクロハウスの記事

ランニングコストから見たコンテナハウス

マイクロハウスの種類を価格比較!

農作業に使えるマイクロハウスキット

素材関係・道具の記事

雨避け用波板(丸波)の種類とピッチ

緊急時にDIYで簡単に修理対応できるテープの種類

DIYでおすすめのインパクトドライバーメーカー

家の外の水漏れ対策に防水補修テープで野外修理

自分で置くだけ簡単なシロアリ対策と駆除方法

水のミストカーテンで、温度を下げて涼しくする方法

4サイズ一体型のラチェットレンチが便利!

作業に適した便利な機能のカッターを使おう!

庭造り関係の記事

家庭用ガラス温室の価格と種類

芝生の庭を作成するのにかかる費用を計算してみた

自然系の雑草対策『固まる土』

積んで置くだけの簡単な『らくらくレンガ』

自然にやさしい天然系除草剤の種類

風よけ関係の記事

色々な種類の風よけ方法

風よけにオススメの庭木(生垣)種類

防風ネットと設置方法

塗装関係の記事

自然塗料と化学塗料の種類や耐用年数

初心者が塗り方をネットで見てペンキ塗りしてみた!

防音関係の記事

アパート等で簡単にできる防音対策グッズ

水回り関係の記事

DIYで水回りを変えるリフォーム商品

家の排水口詰まりを解除するならコレが便利!

簡易型・カートリッジ型・ポット型浄水器の違いは?

エコで経済的な太陽熱温水器で経費の節約を!

プロジェクションマッピングの記事

プロジェクションマッピングで幻想的な空間作り

栽培場所関係記事

土地を買う前に知っておいて欲しい地目の種類と価格

農業を始める前に考えて欲しいこと

その他の記事

家改造計画始めます!!

短期在住や家でも利用しやすいごみ圧縮機

イベントやセカンドハウスに使いたいテントの種類

トタンへの釘打ちは打ち方と種類に注意!!

空気をキレイにする光触媒人工観葉植物

コタツの故障はヒーターユニット交換で修理!

美しいインテリアタイプの家庭用電源タップ

蓄電池の高性能化で家庭への電力供給はどうなる?

DIYとは?

DIYとは『Do It Yourself』の略語です。意味は『自分で行う』みたいな感じのようですね。

修理や改造を専門業者さんにお願いするのではなく、自分自身で行う場合に使われるようです。日本語でいう日曜大工みたいな感じですね。

自分でやることによって費用も安くなりますし、経験が身につきます。海外では家を自分でどんどん改築していって価値を高めていくのが普通だったりするようです。

ただ、無理はしちゃダメです。電気などは資格が入りますし、あまりにもリスクが高い場合はプロに任せましょう。

DIYこそ安全対策を!

DIYはおすすめって感じのことを書いていますが、安全対策はしっかりしましょう。

おそらく、DIYしている人の多数は一人での作業でしょう。すぐに何かあってもすぐに助けがくることを期待してはいけません。

私も本当に危険性がある場合は連絡しておいたり、安全準備はしております。

DIY-20171215

例えば、DIYで屋根の上などに上がるときは足場も組めないし、安全帯もつけれません。

私は最低限ヘルメットをつけたり、耐滑靴をはいたりなど最低限の対応とはとりあえずしていきます。

アマチュアでもプロでもなめてかかったり、慣れて来た時が一番危険です。どうか安全第一で作業していくことをオススメします。

ご安全に!!

DIYとお金の関係

DIY(日曜大工)とかやってると、お金がなくてやってるイメージを持つ人が多いと思います。

けど、それだけじゃないと思います! 例えば海外では安く購入した家を住みながら改築して価値を上げていくのが普通だったりするようです。

DIYのメリットとデメリット

いろんなメリットとデメリットがあると思いますが、いくつか並べてみようと思います。

安く済む。

業者さんに頼むよりかは安くつきます。ただ、自分自身の単位時間あたりの収益率が高い人は頼んだほうが単純利益のみで考えると損になる可能性もあるので注意が必要です。

また、プロの技よりかは劣るため、見た目がよくなくなる場合があります。

スキルが身につく。

失敗してもいろいろやってれば技術は付いて来ますし、ダメであれば浮いた分でプロにお願いすればいい。

そして、技術と知識が付いてきたら修理だけじゃなく、こういうものが作れないかなとかいろんな妄想が広がってきて楽しいですw

原理がわかり、判断がつく

構造がどうなっていて、どこをどうしたらいいのかという考えがわかってきます。

例えば寸法を測り、ホームセンターで板をカットしてもらい塗装し貼り付けるだけでいいものを、ボロボロの物を無理に塗装して修繕ばかりするのは大変です。

逆に、これを変えるのは本当に大掛かりになるというような内部構造を支える柱とかは交換すると大変で、ペンキや補強などでしっかり修繕したほうがよかったりします。

そして作業していてこれ以上は素人はできない領域との判断もできてきます。これは大きなメリットと思われます。

業者さんに頼む時には

DIYで全てをこなせる能力があればいいですが、そこまでできる人はほとんどいないと思います。

何かやるときはできたら数社にしっかり見積もりをとり内容を聞き、判断を下すようにしましょう。

しっかり考え、わからなければいろんな人に聞き、きっちり判断していきましょう。