春のムーンガドニス錦写真

いろいろあり離農した私ですが、植物は好きなので自分好みの植物の楽園を作りたい。そんな思いで小さな部屋から理想の植物空間作りを始めた記録です。

このブログでは以下のようなカテゴリーの記事を書いています。このブログ内容の説明前に簡単にまとめておきますね。

このブログのカテゴリー
  1. 植物栽培のカテゴリー
    植物栽培に関する記事をまとめています。記事数が多い以下のものは個別にカテゴリー分けしています。
    果樹ハーブエケベリアハオルチアエケベリアアガベ
  2. 植物資金のカテゴリー
    植物を購入して育てるためにはそれなりのお金が必要。特に斑入りの植物は高いですからね。そのための節約と投資の記事をまとめています。
  3. DIYのカテゴリー
    植物の雨除けや棚を作ったりするためにもDIY技術は必要。だからDIYの記事をまとめています。これは節約にもつながりますよ。
  4. 料理のカテゴリー
    植物性素材の種類や、それを料理するための記事をまとめています。

最近のお気に入りは斑入りの植物モコモコの植物。これをまずは一畳レベルの空間から初めて、もうすこし広げていけたらなって思っています。

くまさんくまさん

ちなみにこういう変わった植物は単価が高いけど、需要がほとんどありません。趣味ならいいけど経済栽培には向かない植物。

ハムさんハムさん

趣味での栽培や、利益を求めない兼業農家ができる楽しみですね。

インスタなどで植物の写真を投稿したりもしています。SNSで十分な感じがしたけど、内容をまとめるのにはやっぱ長文を書けるところが必要なんだよね。

部屋で楽しめる小さい多肉植物

ちょっといろいろあって植物を楽しめる空間はお金を稼ぐために引っ越した部屋の中ぐらいになりました。そこでまず始めたのが多肉植物の栽培。

東京農業大学で購入した多肉植物の写真

イベントなどで出会い購入しているうちにすっかり多肉植物にハマってしまいました。

くまさんくまさん

部屋の中で楽しめて、草花より管理が楽っていう点がいいですよね。

熱帯環境植物館で行われる国際多肉植物協会(I.S.I.J.)の販売イベントや、東京でおこなわれている『サボテン・多肉植物ビッグバザール』多肉植物ショップの合同販売イベントにも出かけました。

熱帯環境植物館の写真

いろんな多肉植物があり、中には小さいのに数十万円もする多肉植物が並んでいて驚かされました。

そこで出会ったのがキレイな斑入りの多肉植物たち。最初は斑入りのグラプトベリア『ティテュバンス錦』や斑入りクラッスラの栽培を始めました。

ティテュバンス錦の苗写真2

クラッスラの写真

くまさんくまさん

当時は高くて一株5000円程度したものが今は千円以下に。価格変化が激しい世界です。

栽培を始めると、意外と多肉植物は繊細なものが多いことに気づいきます。いくつか失敗をしたので以下にまとめますね。

失敗を繰り返した多肉植物栽培

多肉植物って強いから放っておいても大丈夫なんじゃない?」って気持ちで最初はいたんです。しかしそんなに多肉植物の世界は甘くなかった。

まずは以下の写真を見てください。冬場室内の日当たりが悪い場所で栽培して徒長してしまったエケベリアです。

徒長したエケベリアの写真

こうなってしまうと胴切りしてやり直すしかありません。枯らしてしまうよりマシだけど、大きくキレイな姿に戻るまで二年ぐらいかかってしまいます。

くまさんくまさん

もっと早くに照明で補光することに気づいていればよかった。

次はサーキューレーターを入れてなかった事によるカビの発生ですね。室内で風を回していないとカビなどが発生しやすいです。

女雛(メビナ)錦(Echeveria Mebina variegated)

部分的な発生あればカットでカビへの対応が可能ですが、全体が病気で腐ってしまうこともあります。

くまさんくまさん

室内栽培では写真のような空気を循環させるサーキュレーターが必須ですね!

購入したサーキュレーターの写真

あと、室内と室外への行き来をする場合にも注意が必要。室内の植物を一気に強い光に当てると日焼けするし、さらに湿度が加わると以下のルノーディーンのように蒸れて枯れてしまいます。

雨の後の高温で枯れかけたルノーディーンの写真

こういったことを経験して少しづつキレイな多肉植物を育てれるようになってきました。

多肉植物は簡単に増やせるの?

多肉植物のいいところは簡単に育てれるところと簡単に増やせるところ。しかし、栽培は意外と難しいことを思い知らされました。

じゃあ簡単に増やせるのか? これはイエスでもありノーでもあります。ハオルチアの『スーパーゼブラ』などは葉挿しでの増殖は難しいです。

スーパーゼブラを横から見た写真

くまさんくまさん

こういう品種は胴切りか子株による増殖に頼るしかありません。全然発根しない。

逆に、エケベリアシムランスなどは葉挿しがすごく簡単です。葉をとって置いておけば大丈夫なぐらいのレベル。

シムランスの葉挿し写真

しかし斑入り品種になると難易度がかなり上がります。胴切りなら増殖可能ですが、葉挿しになるとかなり難易度が高くなります。

植物ホルモンでうまく調整できたらいいのですが、基本的に芽がでなかったり、以下のムーンガドニスのように白化個体か斑なしの子株が出てきます。

白化しているエケベリアの葉挿し写真

くまさんくまさん

白化個体は葉緑素がなく自分で成長できないため、親の葉が枯れたらそこで終わりです。

情報を見て判断できればいいのですが、全ての品種の増やし方がネットに出ているわけではありません。

情報が見つからない場合は近い植物の増やし方で試してみるのが一番。葉差しをしたあと全部ダメになってしまうのは悲しいですからね。

多肉植物の庭やベランダでの栽培

室内の光不足や、多肉植物の量が増えてくると室外で栽培したくなってきます。というかするか処分するしかなくなる。

くまさんくまさん

ヤフオクとかに出してもいいけど、少しの利益しか得られないなら面倒くさいだけよね。

そうなってくると外に出すしかない。しかし多肉植物は意外と繊細。特に注意すべき点は以下の3つ。

外で多肉植物を栽培するときの注意点!
  1. 水のやりすぎ – 蒸れて葉が枯れたり、根腐れを起こします。排水性のいい花壇に植えましょう。培養土もしっかり多肉植物専用で排水のいいもの使うべきです。
  2. 湿気で枯れた女雛錦

  3. 強い光による葉焼け – 元に戻る場合もあるが、戻らない場合が多いです。細かな網目のネット波板などで遮光しましょう。風よけに樹木を植えているならその影に置くのも一つの手です。
  4. 日焼けしてしまった女雛錦野写真

  5. 寒さによる寒害 – これは基本的に戻りません。葉を取り除きましょう。カットしたあとはダコニールなどの殺菌剤で処理するのがオススメ。
  6. 寒害で白く変色したピグマエア錦の写真

あとは、虫食い菌による病気を防ぐために消毒をするぐらいですね。

できたら温室を設置したいがガラス温室の値段にビビっています。安いものでも50万ぐらいは飛びますね。

くまさんくまさん

趣味の植物栽培で手が出せる範囲じゃない。

周囲に風よけをかねた樹木防風ネットを設置し、その中にサイドが開けるビニールハウスを作るのがいっぱいいっぱいかな。

斑入りコニファー(Conifer variegated)

そして防風をかねて植物を植えるなら斑入りのコニファーなどの斑入り植物を植えたいものです。

バイオテクノロジーの利用

そういえば昔は植物の大量培養系の研究室にいたんだっけと思い出して、多肉植物の無菌培養とかできないのか調べてみた。昔趣味で買った小型のクリーンベンチもあるし。

クリーンベンチの写真

そうすると意外と海外などで活発に増殖は行われていた。そして日本ではクリーンベンチなしで培養できるキットが販売されていたので利用して無菌培養に挑戦。

多肉植物の組織培養写真

しかし、植物体ごとに適正な植物ホルモンの添加と順化が難しいだろうな。通常の葉挿し条件下で植物ホルモンの添加で増殖できる条件を見つける方が簡単だと思う。

くまさんくまさん

実際に無菌操作で作られた植物は枯れやすいと評判が悪いです。

ですが、変異でピグマエアミュータントのようなおもしろい植物体ができる場合もあります。大量増殖は難しくても、変異で新品種を作るのは趣味で楽しめる範囲ですね。

小果樹の栽培

果樹はどうしてもスペースが必要なので、少量だけ小果樹を中心に栽培。安心・安全に栽培できる土地が手に入ればいいんだけどねぇ。

サザンハイブッシュの果実

離農組はこちらの記事でも書いたように『農地法』の絡みで特に農地は手に入れるのが難しい。だから山林、原野、雑種地でいいのが手に入るといいんだけどね。

くまさんくまさん

安く小さいスペースっていうとなかなか難しい。趣味の栽培で広すぎるスペースは持て余す。

食べやすさを求めた果樹栽培

果樹は斑入りの品種もいいけど、やっぱ味と食べやすさも重視したくなるね。観賞用として斑入りの果樹も魅力的なんだけど。

そうなると食べやすさとおいしさならブルーベリーのデライトがいいな。ノビリスやバルドウィンも試しに植えたけどまだ未収穫。大株のデライトのうまさは最高だわ。

デライトの果実写真

あとは完熟イチジクのうまさも最高だよね。蜜がでるぐらい熟したイチジクってほんと甘くておいしい。未熟なイチジクしか食べたことない人かわいそう。

イチジクの未熟果写真

最近は雨で裂果しずらい品種や、糖度が高い品種が出てきてます。イチジクは甘いため獣害やスズメバチが怖いけど、試しにカルフォルニアブラックなどを植えてみました。

カルフォルニアブラックの苗写真

くまさんくまさん

ほんとスズメバチとか怖いんで、危なかったらデータをとってすぐにカットしてしまいます。

あとは熱帯果樹のピタンガも簡単にとれるし追熟して食べれるためいい感じですが、味が上記2種よりかは落ちますね。というより好みが別れる味です。

ピタンガの果実写真4

自分が楽しめ、知り合いに送る分だけあればいいかな。5本も残ってくれれば十分って感じです。

観賞用の斑入り果樹

斑入りの果樹はいろいろあるけど、実用性があるのは斑入りレモンの『ピンクレモネード』ですね。

ピンクレモネードを植え付けた写真

ですが、観賞用としては斑入りのフェイジョアジャボチカバがいい感じですね。ですがなかなか苗が手に入りません。

あとは斑入りのバナナがいい感じですが耐寒性がちょっと弱いですね。見た目は最高にキレイなんですけどねぇ。もっといろんな品種試そう。

ムサ アエアエバナナを鉢に植え付けた写真

ハーブの利用と栽培

ハーブはちょっとあるといいけどあまり大量にあっても困るもの。和風のハーブは結構使うけど、ローズマリーのような洋風ハーブは料理に使う機会もすくないですよね。

ローズマリーの枝をカットしている写真

斑入りハーブもいくつか試したけど、基本的に観賞用としての利用がメインになりますね。斑入り植物でキレイな空間を作るときやドライフラワーに使用するぐらいかな。

斑入りラベンダー(lavender variegated)

また、ハーブは室内で水耕栽培できますね。魚も同時に育てることができるアクアポニックスも魅力的。こういう使い方もいいですね。

水耕栽培している植物の写真

アロマオイルと芳香蒸留水の作成

ハーブが余ったらドライにするのもいいけど、香りを楽しむのもいいですね。いろいろ日本の植物もアロマを楽しむのに使われています。

くまさんくまさん

杉やヒノキからもアロマオイルが抽出されてます。

アロマオイルの抽出機を使ってもアロマオイルは植物から取れる量は少量なので、芳香蒸留水として利用するといいですね。

銅製のアロマ蒸留機写真

くまさんくまさん

銅製の蒸留機は見た目はいいけどサビを取るのが大変なので注意が必要。

植物を楽しむためのDIY

植物を楽しむためにはDIYをある程度学ぶ必要性もある。全部人に任せれる人ならいいけどなかなかそこまで余裕がないよね。それに内容が理解できていないと委託もできないよ。

くまさんくまさん

投資などで全部まかせれるぐらいお金が入らないかなぁ。

雨除けや防風ネットの設置

多肉植物を雨から守る波板などの屋根かけ設置はできるようになっておきたいですね。マキタのインパクトドライバーが欲しい。

波板の写真

あとは防風ネットや遮光ネットも重要。きちんとパイプを設置できるようにならなければ。

設計のための3D-CAD

設計ソフトであるCADを作るときにも利用可能。これで設計して自然にやさしい生分解性プラスチックが使える3Dプリンターで鉢が印刷できます。

3D-CADで鉢を設計している写真

また、庭とかの工事を依頼できるようになったら、こういうので図面作ってこんな感じでってお願いできるといいですよね。

くまさんくまさん

工事とかなくても理想の形をCADで作っておくのも楽しそうですね。

休憩場所としてのマイクロハウス

植物を育てる休憩場所として、または植物を利用するためにマイクロハウスも設置できるようになるといいですよね。いろんな種類のマイクロハウスが販売されています。

くまさんくまさん

マイクロハウスは意外と安いものがありますよ。

テントとかでもいい気がするけど、やっぱしっかりした建物がいい。コンテナハウスとかだと移動もできていい感じですね。

植物素材の料理

自分で育てた植物や、いろんなところから取り寄せた食材を食べたい。自家消費用として在来種(固定種)の野菜や斑入り野菜なども栽培・料理して楽しみたいな。

庭に撒いた固定種(在来種)の種写真

分子調理と調理器具

料理をするならちょっと変わった料理もしてみたい。少し前に話題になった分子調理とかおもしろそう。エスプーマなどを試しに買ってみました。

エスプーマの機器写真

あとは食材を無駄にしないために真空保存機を購入したり、静かな雰囲気を壊さないよう音が静かなミキサーを購入したりしてます。これからは自動家電で時間も節約したいな。

サイレントミルサーの写真

あとは食材そのままを加工することによりおいしく食べるヨナナスや、スロージューサーもいいですね。

イチゴヨナナスの画像

おしゃれな食器で食事を楽しむ

いい素材の料理ができたらいい食器で食事を楽しみたいですよね。和食器やお箸なら漆塗りのものがキレイ。ひとつあるだけで品が出ます。

漆塗りの器とお箸の写真

くまさんくまさん

漬け置きはよくないので洗いが面倒だけどそれ以上に美しい。

あとは益子焼など焼き物の産地にいろいろ行ってみましたが、焼き物のカップなどもキレイですよね〜。いろいろ買ってしまいました。

益子焼のカップ写真

あとはやはり日本人はお茶ですよね〜。関西に住んでいるとき京都に何回か行ってみて、いい感じの器があったので買ってみました。

茶器の写真

作法がうるさそうなお茶の世界だけど、自由にいい抹茶を入れて飲むとほんとおいしいですよ〜。4〜5千円もあればいい抹茶が買えます。マジで一度経験して欲しい。

くまさんくまさん

あと、水筒を持って動く方はいい抹茶と水を入れて水筒でシェイクするといいですよ。お茶のプロからは怒られそうですが、休憩が極上のものになります。

海外のカトラリー食器もいい感じのものがいっぱいあります。もうこの辺語り出すと長いので、食事の記事一覧を見てください。

クリストフルの写真

まぁこれ以外にアンティークの世界とかもあって、そこはそこで楽しいんだよね〜。ハンドメイドでこの価格なのかとか、手書きでここまで作っているのかとかほんとすごい。

植物を楽しむための資金

まぁ、なんだかんだ言ってもやりたいことをやるにはお金が必要。それをどうにかして生み出さないといけないよね。

くまさんくまさん

できることは節約と投資の2つ。リスクを負わなきゃ得られない世界だ。

固定費から始める節約

お金を作る上で一番簡単なのは出るお金を節約すること。特に固定費とされる以下のようなものは一度検討しなおしたいものですよね。

ただし、削減のやりすぎには注意も必要。インターネット費用を削減しすぎて速度が落ちて効率が下がる。交通費を削減して仕事が進まなくなるなどはダメなパターンです。

投資でお金を作る

報酬発生画像

リスクはあるけど投資でお金が作れるといいですね。私も『イオン株』から投資を始めました。これで植物のための資金が作れたらな〜と思っています。

くまさんくまさん

投資を始める前はリスクがすごく高いものだと思っていました。しかし、投資を始めるとリスクはコントロールでき、お金でお金を稼ぐ世界が見えてきます。

また、投資は逆にリスクを抑えるためにも使われます。外貨やなどに変えることでリスク分散が可能。

FXならさらにスワップポイントで利益をあげることも可能。普通に外貨系の金融商品に変えて保険にしておくのもいいですね。

MMFの報告書

クラウドファンディングなどで資金調達

最近は銀行からの融資以外にクラウドファンディングなどが活発に行われる時代になったようです。

収益性がないことでもお金が集めれるようなので、やりたいことがあってもお金がないときに利用するといいですね。

くまさんくまさん

私も挑戦してみようかな?

植物の楽園作り途中経過まとめ

ちょっと自分でもどうなっているのかわからなくなってきて、整理するつもりで書いてみました。自分ではほとんど進んでないと思っていましたが意外といろいろ動いてますね。

全力で動け〜って思う人もいるかもしれませんが、趣味に全力をそそぎこむわけにはいきません。

くまさんくまさん

生きていくために仕事をしてお金を稼ぎ、生活していくことが最優先だよね。

ぼちぼちマイペースで進めていきます。のんびり行きましょう。