レモン系ハーブ(lemon-herb)の写真

レモン系ハーブが好きなので、レモン系ハーブの種類をまとめてみました。ちょっとだけ栽培のメモも書いておきます。

レモンの香りがするハーブ

レモンの香りがするハーブを庭に植えてレモンの匂いに包まれた空間もいいものです。時期によって香りの強弱もありますし、種類によって香りも少し違うのでいい組み合わせを見つけて栽培したいものですね。

レモンの香りがする精油に関しては別のページでまとめていますので、そちらを参考にしてください。

レモンの香りがするアロマオイルと種類

レモンマートル

温度が結構必要で、路地だと関東以南でもなんとか年越しできるかぐらいのレベルです。室内かハウスじゃないと厳しめ。冬は葉がダメになってしまいます。

レモンバーベナ

結構丈夫です。ただ、一気に枯れる場合があるので、常時必要な人はストックが必要。冬場は葉が落ち、細い部位が枯れたようになります。また、伸びすぎると樹形が崩れるので、枯れた部位を取り除くのと兼ねて短く切り返し剪定を行うといいです。

レモンバーベナの剪定と地植え

レモンバーム

かなり強くて逆に枯らすのが難しいぐらい。栽培は問題なし。ただ地下茎で増えるため、鉢栽培か土壌栽培であれば板などで区切る必要性があります。

シソ科ハーブの暴走に気をつけて

レモングラス

かなり強い。乾燥に弱そうに見えるが、結構乾燥に強いです。ススキのような形状なので手を切る場合があるので注意。けど、ススキとは違い根が弱く、クワなどで掘り起こすことが可能。西インド系と東インド系がある。

レモンティーツリー

それなりに強いが、少し管理が必要。枝が強く伸びたりするので切り返しが必要になります。香りは控えめ。葉を少しかじる虫がいます。

レモンタイム

まだ未栽培。かすかにレモンの香りがするとのこと。レモンバームと同様に増殖注意。

レモンベルガモット

まだ未栽培。葉にはレモンの香りがあるみたいです。1年草なのがちょっと面倒。

レモンマリーゴールド

他のマリーゴールドとはちがい一年草ではなく宿根草。ただ、レモンの香りかは微妙な感じがした。伸びる枝は重さで倒れ、ちょくちょく切り返さないと横に広がってしまいます。マルチシート敷かずに雑草が多いところに植えたりするとちょっと管理が大変。

この商品は現在取り扱いされていません

レモンゼラニウム

一応高温多湿は苦手というハーブ。ただ、厳しい環境下で放置すると枯れるのもあったけど、元気なのはすごく元気だった記憶がある。栽培してみないと本当のことはわかりませんよね。

レモンユーカリ

発火成分が怖くて栽培しませんでした。大きくなりすぎても怖いし。植えるなら大きくなることを想定してしっかり場所を確保してから植えた方がいいです。

まとめ

以外とレモンの香りのハーブって種類が豊富ですね。ただし、レモンの香りがするからといって全てが食用にできるわけではありません。

食用に利用するときは、きちんと食用のハーブか非食用のハーブかを確認しましょう。

あと、観賞用であれば斑入りのハーブがキレイなのでおすすめです。香りだけでなく、緑色と白色のコラボレーションも見れてキレイですよ。

庭に植えたい斑入りハーブ苗

また、レモン系の香りがすきなのであれば、香酸柑橘の栽培もおすすめです。以下に香酸柑橘の記事をまとめておきます。

香る香酸柑橘

ライム関係の記事はこちらになります。

日本で栽培できるタヒチライム

塩ライム作りに挑戦してみたよ。

押しフルーツで香るアロマワックスバー作り

ライムを含む香酸柑橘類の種類についてはこちらに書いてます。

すっぱい香酸柑橘の種類