多肉植物 培養土の写真

多肉植物を栽培していると培養土には気を使います。乾燥したエリアを原産とするものが多く、水はけが悪いものを使うと根腐れする可能性がありますよね。ですので市販の培養土の種類と、自作で培養土を作る場合の素材と道具をまとめてみました。

多肉植物用培養土の種類

多肉植物専用培養土の種類をまとめました。結構値段に差がありますね。使う植物によって使い分けていったほうがよさそうです。

プレミアム培養土-杉山拓巳氏

有名な栽培家『杉山拓巳氏』による培養土。固めのいい素材を使い、根を分岐させやすくした培養土になります。高級な苗を植え替える時に使いたいですね。

多肉植物用ゴールデン粒状培養土

粒状で根張りがよいだけでなく、作業時に自分が汚れることも抑えれる培養土。最近はこれに硬質赤玉土と土壌改良剤を加えて使用しています。

プロトリーフ サボテン・多肉植物の土

以前よく使用していました。少し水持ちがいいので、水分要求がある程度あるような多肉植物におすすめです。

サボテン・多肉植物の培養土-刀川平和農園

刀川平和農園の培養土。鹿沼土、軽石、赤玉土を主体とした配合がされている培養土です。根腐れ防止材も入っているようです。

さぼてん多肉植物の土-花ごころ

花ごころさんの『さぼてん多肉植物の土』です。軽石を主に使っているようです。また、バーミキュライト、パーライト、ゼオライトなどを含んでいます。

挿し木・種まき用土

挿し木は硬質の鹿沼土や赤玉土を使ってもいいですが、種まきは専用の用土を使用するのが無難です。私はプロトリーフの『挿し芽・種まきの土』を使用しています。

培養土配合素材

栽培経験がついてきたら培養土も自作してみたくなりますよね。一般的な素材を以下にまとめておきます。

赤玉土

関東にあるローム層という地層からとれた土を乾燥させたものです。弱酸性。普通の赤玉土を使用してもいいのですが、高温で焼いた硬質赤玉土というものがあります。崩れやすい赤玉土が焼くことで崩れにくくなり、長期間使いやすくなります。

鹿沼土

栃木県鹿沼地帯で取られる軽石。酸性です。赤玉土と組み合わせて使われることが多いです。こちらも赤玉土同様に硬質のものがあります。崩れて粉で排水・通気性を悪くしないように硬質タイプのものを使用したいですね。

軽石

地表に流れ出た溶岩が冷めて乾燥したものが軽石です。内部の水分が発泡することにより多孔質になっています。鹿沼土も軽石ですが、有名ですので別に分けました。

バーミキュライト

蛭石(ひるいし)を加熱処理して膨張させたもの。pHは中性〜弱酸性。パーライトより保水性が高い。

パーライト

ガラス質火山岩(黒曜石・真珠岩)を加熱処理し膨張させ作られる。弱アルカリ性。保水性はパーライトよりなく、そのぶん排水性が高く軽い。

くん炭

低温度でもみがらを焼いたもの。形状がしっかりしており、水はけや通気性を保つのに役立つ。pHはアルカリ性。

腐葉土

樹木や草木の葉や枝が堆積し、微生物の力で分解されたもの。pHは中性。動物のフンなどを入れて成分調整されいるものなどがある。

根腐れ防止材などの土壌改良剤はこちらにベットまとめています。

多肉植物に使いたい肥料(液肥)と土壌改良剤

培養土作成道具

培養土を自作する時にあるといい道具をまとめてみました。自分が持っている植物にあった調合を見つけ出したいですね!

ステンレス土ふるい

直径30cm、高さ8cmのステンレス製土ふるいです。アミは2ミリ、4ミリ、7ミリの3枚付属。排水よくするために、細かな粉などはこれで除去しておきたいですね。

マスク

いろいろなものを混ぜ合わせていると粉塵が舞います。気管系を守るためにしっかりとマスクをしましょう。

手袋

いろんなものが入っているため、しっかり手袋を着用して手を保護しましょう。

まとめ

多肉植物用の培養土といってもいろいろな種類がありますね。市販のものをそのまま使うのもいいし、それをアレンジして使うのもありです。慣れてきたら全て自作するのも面白いですね。

それ以外に多肉植物に使いたい肥料や防除資材(消毒など)は以下のところにまとめています。

多肉植物に使いたい肥料(液肥)と土壌改良剤

家庭菜園や多肉植物に使用する防除資材