DIYで使う防水アルミテープの写真

DIYっていろいろ道具を揃えて大変って感じがあるけど、特に水回りは簡単にテープで直せばいい場合も結構あります。ですので、緊急時に対応できる揃えておきたい3つのテープをまとめておきました。

ですが、無理に『DIY』にこだわらず本格的な水道屋や屋根の修理についてはプロの業者さんにまかせましょう。

水漏れの修理ができないときどこに頼めばいい? すぐに対応できる業者はこちらです。

\この記事を書いた人/
植物探究家の画像

斑入り植物を愛する植物探究家。詳細なプロフィールはこちら

植物が好きな方はフォローしてね。
  • ユーチューブ
  • グリーンスナップ
  • インスタ
  • シールテープ

    シールテープの写真

    配管などを繋げる時に少し伸ばしつつ巻いて隙間を埋めます。

    なかなか配管の取り替えは普通しないと思いますが、つなぎ目からの液漏れや、引越しの際などに、蛇口の取り替えなどを行う時に使用します。

    これとモンキーレンチがあれば簡単な配管接続作業ならなんとかなります。

    もし液剤のほうが使いやすいって方には『ヘルメチック』と呼ばれる製品がありますよ。

    融着テープ

    融着テープの写真

    配管がひび割れてきているけど、取り替えだと費用がかかる。そんな時に融着テープを貼り、漏れを塞ぎます。水回り関係の修理に便利!

    少し伸ばしヒビがある部分より大きめに巻いていきます。時間が経つと融着して隙間がなくなります。融着テープの基本的な説明は以下の動画がわかりやすいですよ。

    注意点は温度が低い場合はくっつきが悪いので、ドライヤーなどで温めたりするなどの対応が必要になります。

    LLFAテープがすごい!

    いろいろ調べてたら『LLFAテープ』というものが、使える温度範囲・絶縁性・保存性がすばらしくいいということがわかりました。

    ただし値段が高いです。楽天で一巻き1万円ぐらいしますね。ですが融着テープは劣化してきますので短期間の応急処置ではなく、ずっとテープで置いておきたい場合はこれを使ったほうが安上がりになるかもしれません。

    助手のハム助手のハム

    保存性も高く半永久的とのことなので、一本もっておいてもよさそうです。


    屋外用防水テープ

    野外用防水テープの写真

    トタンのひび割れなど水漏れ部位の対応に使えます。目立たないように塗料を塗りたい場合は上塗り可能な物を使うといいでしょう。ただし、重ね貼りに難があります。

    家の外側を防水補修テープで簡単に応急修理!

    そういう時はアルミタイプのものを使用するといいですよ。その上に目立たなくする素材のものを貼り付けるのも一つの手です。

    植物探究家植物探究家

    参考までに塗料の種類を説明した記事を以下にのせておきますね。

    自然塗料と化学塗料の種類や耐用年数

    まとめ

    簡単な水漏れの修理だったらテープで簡単にできますね。だけど本格的な修理が必要な時はしっかり修理できるプロに任せましょう。

    水漏れの修理ができないときどこに頼めばいい? すぐに対応できる業者はこちらです。

    また、保険が出る可能性がある時はしっかり保険がでないか確認しましょう。

    【家の保険申請はプロにお任せ!】保険金が出ないと思って未申請はもったいないよ。

    助手のハム助手のハム

    それと、保険は現状に会う形にしっかり『見直して』おきましょうね。