塗料といってもいろんな種類があります。一般的には水性と油性ぐらいの違いしかわからないと思いますが、種類によって耐用年数が大きく変わってきます。

そんな塗料の種類と耐用年数の違いの説明や、ペンキと塗料の違いなどの説明を以下にまとめました。

また、塗料を塗る前の下処理方法なども追記しました。

ですが、DIYでどうしても塗装が難しい場所や危険な場所については、一括比較システムなどを利用して安くて内容がいい業者さんに頼みましょう。

⇒🏠外壁塗装の一括見積【全国見積もりサポート協会】

ランニングコストから考えた塗料選び

ちょっとしたタッチアップとか、もう少ししたら終わりになる予定の部位などであればいいものを使う必要性はないです。

しかし、まだまだ長期使用する場所などであれば、耐用年数がいいものをしっかり使って施工していくことが長期的なランニングコスト低減のために重要となります。

例えば5年持つのを4回塗るのと、20年で1回塗るのでは塗料価格だけでなく自分の手間の増加、または委託する場合人件費が大きくなってきますので。

そしてDIYだとプロ用の塗料とかは買えないし使えないだろうなと思われるけど、意外と楽天とかで買えちゃいます。用途と耐用年数をしっかり見て、判断していけたらと思います。

塗料の種類と耐用年数

以下に塗料の種類と、どれぐらい次に塗るまでの期間大丈夫なのかを示す指標の耐用年数を書きました。ただ、耐用年数はあくまで目安にしかなりません。周辺の環境などで大きく変化します。

アクリル系塗料

耐用年数は約4〜6年。ホームセンターで売れられているいい塗料がこれぐらいのレベルだと思います。量も大小選びやすく、安く手に入りやすい代わりに塗料の中では耐用年数が短いです。

ウレタン系塗料

耐用年数は約6〜10年。アクリル系塗料より少し長持ち。ただ、ウレタン系を使うよりはシリコン系を使う方が一般的のようです。

シリコン系塗料

耐用年数は約10〜13年。一般的な塗装を行うのであればある程度の期間保持され、価格も高すぎないこれぐらいがいいと思います。

ラジカル(制御)系塗料

耐用年数は約12〜15年。2015年から販売開始された新しい塗料のようです。シリコン系よりかも少し長期寿命らしいです。

フッ素系塗料

耐用年数は約15〜20年。高所などで足場が組みづらいところに使用する塗料。一般的には使いません。

遮熱塗料

耐用年数は約15〜20年。熱をさえぎたい場合によい。コンテナハウスや日除けに使うとよさそうです。

光触媒塗料

耐用年数は約15〜20年。光による浄化作用などがいいが、価格が非常に高いです。外壁塗装として使うのはかなり大変そう。内壁剤は安いのが見つかるんですけどね。

無機系塗料

耐用年数は約20〜25年。化学塗装で最高耐用年数ではないでしょうか? 値段も最高クラスです。腐食の要因となる有機物を極力減らした塗装です。一般住宅で使う人はいないと思いますが、とりあえず記載しておきます。

自然系塗料

塗料と聞くと、化学物質のイメージがあり体に悪く考えてしまいます。しかしながら、自然素材で人に優しい塗料も販売されています。以下に三点例を上げておきますね。

ただ、気になる点は耐用年数が低く、木質のものに使うしか使い道がないことですね。外だと1〜5年程度で塗り直しが必要になります。

自然塗料『カルデット』

ドイツ産のリボス自然塗料『カルデット』。亜麻仁油などを使用した自然系塗料です。二回塗り仕上げです。

オスモカラー

オスモカラーはドイツ産の自然系塗料です。植物油(ひまわり油、大豆油、あざみ油など)と植物性ワックスを素材として利用しています。

エキストラクリアーで下塗りした後にノーマルクリアーで塗るなど、家具の種類などによっていい組み合わせを考えるといいですね。

ユーオイル(U-OIL)

ユーオイルは国産の自然系塗料です。素材に精選亜麻仁油、天然鉱物由来の顔料などを使用しており、4年程度耐用年数があります。

ユーオイルは現在四種類あります『ハード・スーパーハード・スタンダード・for DIY 』(スタンダードタイプは現在販売停止?)。自分が使用する用途にあった商品を選びましょう。

下地の処理

塗料を塗る前にチャンネルブラシやスクレーパーでサビや塗料がハゲてきている部分を取り除きましょう。これをやっておかないと浮いてきてダメになっちゃうんですよね。

下地の調整材で処理

塗料を行きなり塗るのではなく、まずは塗る場所に調整剤を塗り、それから塗料を塗るのがベストです。しかし、DIYでそこまでやるの大変ですよね。

下地剤もいろいろ種類がありますが、細かなことははぶいて主な種類を以下に示します。

プライマー

金属やプラスチックなどに塗料を塗るときの下地剤です。塗料との密着性を高めます。

シーラー

木材やコンクリートなどの凸凹がある素材をシールして、ペンキがどんどん中に入っていくのを防ぐ下地剤です。

私はこれなしで劣化した木製製品を直接塗料で塗り、かなり塗料の無駄使いをしてしまった感じがします。

⇒🏠初心者が塗り方をネットで見てペンキ塗りしてみた!

サーフェーサー

プライマーの上にぬる中塗り材です。下地の色をつけ、傷などをさらに目立たさせずなめらかに仕上げるときに使う調整材です。

フィラー

穴やひび割れなどの空間を防ぐための調整剤です。また、微弾性フィラーという弾性があるフィラーを使うことにより、新しくひび割れができてもある程度対応できます。

しかし、大きなひび割れなどがある場合は、不定形シーリング材(コーキング剤)や定形シーリング材(防水テープなど)で対応しましょう。

塗料だけでは不十分

どんないい塗料を使っていても下地処理が不十分だったり、雨がある中での作業、乾燥していない中での上塗り、そういうダメな仕事をしていたら意味がありません。

DIYやる上でも、業者に頼む上でもきちんとその辺はしっかりしていくとよいです。また、災害補修の場合、業者に頼む場合はきちんと保険が効くかどうかを確認しましょう。

⇒🏥台風などの自然災害の防災対策と被害対応方法

web上でも情報がありますが、相見積もりをとるだけでなく、選択するときにそこを避けて話をするところかどうかもきちんと確認するといいです。

また、改造・改築などを行う場合、補助金制度を前もって確認しておくのもおすすめです。

塗料とペンキの違い

塗料とペンキって同じものと思われていますが、実際には別のものです。色を塗るという面では同じですけどね。

ペンキ(OP)といわれるものは植物性の油で希釈された塗料を指します。また、植物性の油ではなく、合成樹脂で調合された合成樹脂調合ペイント(SOP)も同じ分類にはいります。

ペンキは安いですが耐候性が悪く、基本的にあまり使われないです。

それに対して塗料は顔料・樹脂・溶剤などの成分を調合し作られていて耐寒性も強く、長いものは10年以上持ちます。

単価は高くても、短期間で材料費や人件費、足場代などがかかることを考えればこちらを使う方が安くすみます。

家のDIYについて

ちなみに私が住んでいるところは古い家で、諸事情で車も入れないなどいろんなことが重なり手を打てず劣化だけが進んでいました。

もうあとは少し住んで終わりにしようといった感じでした。けど、少し前都会にふらっと行ってみたときに再生型のメガ大家さんの話を聞き、なんかDIYにも少し興味がでました。

まぁ、不動産関係は都会近辺じゃない限り、あと20年もしたら大変なことになるとは思っています。けど、大家さんとかじゃなくてもDIYの技術は重要です。

個人で住む場所を安くなんとかできる技術は生きている限り身につけておいて損はないと思います。

今回最後のあがきで色々やってみて、ちょっと辛い面もあったけど、楽しみもありいい経験ができたな〜って思います。DIYやってみるのも面白いですよ。