kugi-20171205

力入れすぎた〜!!って感じの画像です。

釘が外れてトタンが浮いており、木部のペンキが濡れなかったんです。急いでステンの傘釘ないか探したけど見つからなかったので、適当に丸釘で打ってしまいました。

そうしていたら、必要以上に叩きすぎて少し凸部分が凹んでしまいました。

とりあえずペンキで上塗りしておけばとりあえず大丈夫だろうけど失敗したなぁ。

トタンなどを抑える釘は色々な種類があります。以下にその種類と、失敗しないようにちょっとした注意点をまとめておきますね。

いろいろある釘の種類

意外と釘にもいろんな種類があります。トタンの波板だとやっぱり傘釘を使ってるのを見かけます。元々傘釘だったのを丸釘で対応したけどあまりよくないですね。

釘は以下のような傘釘を楽天で購入しようと思っていましたが、楽天のスーパーセールまで時間があったため、ついつい傘釘ではなく家にあるステンの丸釘使っちゃいました。横面の下部だから大丈夫だと思うけどちょっと気になります。

また、しっかり外れないようにするならスクリュータイプの釘か、錆びて外れにくくなる鉄の釘もいいですね。鉄はステンレスより早めに交換が必要になりますが。

金属の電食

昔のトタンならガルバとかじゃないのでステンレスの電食も気にしなくていい。だからステンレスの傘釘をしっかり使いたかったな。

ガルバニウムとステンレスは成分が反応してしまい電食という腐食反応を起こしてしまいます。そうすると早くから劣化してしまうんですよね。強い素材同士でも掛け合わせると逆に弱くなることがあるんです!

ガルバニウム板にステンレス釘は電食してよくないので、ドブメッキを使ったガルバ専用釘が使用されていたりします。

しっかりと素材の情報を調べてから作業にとりかかりましょう。やってしまってからではやり直すことは困難ですから。

電動工具を使いトタンを押さえる

釘打ちは作業が大変です。現在は電動工具が発達してきていて、手で釘を打つよりもインパクトドライバーなどを利用した方が作業が楽です。

DIYでおすすめのインパクトドライバーメーカー

トタンなど波板にも色々種類があるので、素材によって押さえる部品を選びましょう。

雨避け用波板(丸波)の種類とピッチ

トタンへの釘の打ち方

トタンに釘を打つ場合、どこに打てばいいのか迷うと思います。その場合、屋根であれば出っ張っている山側に釘を打ち込みます。そうすることで、水が浸透してくるリスクが減ります。

へこんでいる谷側に釘を打ち込むと、溜まった水が釘とトタンの隙間からどんどん浸透してくる可能性があります。

しかしながら、家の側面にトタンを貼り付ける場合は谷側に釘を打つこともあるようです。これはトタンの重みなどがかかってくるため、しっかりとトタンを押さえる方に力を入れるためですね。

しかし、雨が多いエリアでは全て山側に釘を打つのが安心ですね。

あとはしっかりと抑えれるように、ゆっくりでいいからまっすぐ釘を打ち込みましょう。焦って失敗すると大変です。そんな場合は補修テープやコーキングで対応しましょう。

緊急時にDIYで簡単に修理対応できるテープの種類

まとめ

とりあえず天井部分とか雨漏りが気になる重要な部分のDIYは、素人の場合以下のようなしっかりした傘釘使った方が良さそうですね。