植物に囲まれた家の画像

生ごみは堆肥化させて使用とか考えられるけど、それはのんびり農作業できたりする人だけだ。見てないとうまく撹拌したりとかもできないし。

だからちょっと短期農作業とかに行ったりしたときに出たごみを、簡単に圧縮保存できる方法がないか探してみた。マイクロハウスで使えそう!

\この記事を書いた人/
植物探究家の画像

斑入り植物を愛する植物探究家。詳細なプロフィールはこちら

植物が好きな方はフォローしてね。
  • ユーチューブ
  • グリーンスナップ
  • インスタ
  • 簡易ごみ圧縮機

    ペットボトルごみの圧縮は簡単にできるようです。以下のような道具だったら簡単に扱えますね。

    だけど、生ごみとかは難しそう。普段でも生活の中でごみ収集の頻度が少なくなってきて、困って生ごみを冷凍庫に入れたりしている人は多いんじゃないだろうか?

    コンポスト化が昔流行ったけど、コンポスト化なんて、大量に堆肥を使う人以外はあまり意味がないし。日常でも欲しい物でもあるよね。

    乾燥型ごみ圧縮機

    いろいろ種類は出てみるみたいだけど、最初のころよく見かけたのは島産業の『パリパリキューブ』。生ごみを乾燥できるほかに、プラごみも圧縮出来て便利。

    パナソニックも『生ごみリサイクラー』というものを出しています。こちらは生ごみ乾燥のみ。有名ブランドなのが安心。

    リブランの『エアドライ』。最近見かけた生ごみ乾燥機。値段が2万程度で他の物よりかは安い感じ。


    値段と価値

    値段は結構幅広く、現状では2万円~5万円台といった感じ。

    これぐらいの価格なら、匂いやごみ出しの手間を考えたり、冷凍庫を使ったりしてしまうことを考えれば買った方が得かもしれない。

    もう少し検討して購入してみようかと思う。