タッチペンの種類と100均製品との比較

アイフォンもアイパッドもフリック操作など、細かいところは見やすいタッチペンでの操作がいいですよね。画面も汚れないし。

よく機器を使っている人は汚れも気になりますよね。私はパソコン使っているときもデュアルモニターでやるのではなく、アイパッドで平行使用してます。

使う頻度が高いといいタッチペンが欲しくなります。そこでいろいろな種類のタッチペンを以下にまとめました。100均製品との比較など使ってみた感想も書いてます。

先端がゴムタイプの物

劣化が早く、引っかかりがあるところが注意点。そのかわり値段はかなり安いです。

先端が電動繊維の物

汚れやすいので汚れが気になる人はちょっとやめた方がいいかも。けど、使い勝手はゴムよりいい。その代わり値段も少し高くなります。


先端にディスクが付いている物

先に透明な丸いディスクが付いており、先端が見やすく画面を傷つけにくくなってます。値段もそんなに高くなく、現在安く買うならこちらがオススメです。電池式でもこのタイプがあります。

先端が硬質プラの物

電池式の物でディスクが付いていない物です。アイパッドにいいフィルムを貼っておかないと傷が心配になりますが、見やすく非常に使い勝手がいいです。おすすめです。

エネループのような充電電池がある人は充電電池タイプを、ない人は電池内蔵型のUSBタイプがおすすめです。よく使う人はこういうタイプを購入するのがオススメです。私も使用しています。

ヘビーユーザーに読んでほしい記事

ヘビーユーザーの人は内部電池だと充電している時間がないし、内部電池が限界を迎えてダメになるのも避けたい物です。そこでパナソニックのエネループセット(K-KJ53MCC66S)がオススメです。

家庭でいろんなところに使う電池を単1〜4までこれ一つでまかなえます。

電池を買いに行く手間と無駄を考えた時にこのセットを購入したけど、十分すぎるメリットがありました。オススメです。

あと、長くキレイに使うためにもガラスフィルムはいいものを買った方がいいです。私も使用しているオススメはこちらです。長くキレイに大事に使っていきたいですね。

タッチペンをいろいろ試してみた!

電池式タッチペンの写真

タッチペンは値段が高めの電池式を買っていれば問題ない。そう思っていたけど、ちょっと接触がうまくいかなかったりしました。

普通の操作はいいけど、パズドラなどのゲームをしていると途中で接触が切れしまったりしたんです。ですので他の色々なタッチペンを試してみました。

100均のタッチペン

百均のタッチペンを購入してみました。購入したのは電動繊維タイプとディスクタイプの二種類です。電動繊維は滑りが悪く使いにくかったです。

百均のタッチペン写真

ですがディスクタイプのタッチペンはスムーズに移動できました。しかし、ディスクを繋いでいるゴムが弱く、不安定で最後には簡単に外れてしまいました。

ディスクと電動繊維の組み合わせ

安いディスクタイプのタッチペンは不安定で壊れやすいので、今度はある程度の価格のディスクタッチペンに電動繊維がついているものを購入しました。

ディスクと電動繊維付きタッチペン写真

電動繊維はやっぱり滑りが悪いですね。しかし、ディスクタイプはかなり使いやすくて今も愛用しています。個人的にはディスクタイプがおすすめです!

まとめ

タッチペンはパズドラなどのゲームをする人はディスクタイプが特にオススメです。電池もいらないし、スムーズにゲームができます。

ですが、カバンの中でディスクを痛めたりしやすい方や、ペン先がしっかり見えないと使いづらい、クリック操作がメインという人は電池式のものがオススメです。