スーツの写真

サラリーマンを始めた頃、スーツなどのビジネスファッションはどんなものがいいのかわからずに迷っていました。

ですがいろいろ知識が付き、高級なショップなどにも足を運び、こういうのが大人のかっこいいスーツ姿なんだというイメージが固まってきました。

サラリーマンを初めて私と同じように困った人のために、参考までにスーツなどの服装から小物までの選び方をちょっとした小ネタをはさみつつまとめてみたいと思います。

私は焦ってわからないまま不必要なものをいくつか購入して失敗しました。今はネット情報もしっかりしているので、いろいろ情報を集めて買い物しましょう。

生地でバレるスーツの質

スーツは同じような色が多く、差がわかりづらそうに見えますが、同じようなものが並ぶと差が結構わかってしまいます。わからない人にはわかりませんが。。。

ですのでいい生地のものを購入したほうがいいです。私もそこそこの給与が入った時に、少し無理してゼニアの記事でパターンオーダーでスーツを仕上げてもらいました。

ゼニアの写真

意味なく派手なブランドのアイテムを持っているより明らかにいい投資です。上下関係がある中で派手なブランド物を持つのはさすがに変な感じですよね。

そして、わかる人にはわかるけど、身だしなみを気にしていない人にはわからないのも重要。目立つ高級ブランド持って逆効果なんて嫌ですよね。

おすすめの購入方法

まずはネットではなく、百官店や専門店に行きましょう。そして生地の違いや好みのガラなどをいろいろ見て確認しましょう。しっかり実物をみることが重要です。

ネットは安いですが、セールの時期などに行けば実店舗の方が安かったりもします。半額ぐらいまでなることもあるから、交通費考えてもプラスになる可能性があります。

私はSOGOで買いました。

スーツの写真

そして、スーツはサイズだけでなく細部にわたって色々選ぶ場所があります。しっかりプロの人と話しして選んでいくことが重要と思います。

フィット感も重要です。体にあってないスーツを買っても、いいものであってもかっこわるいです。しっかり体にあったスーツに仕立ててもらいましょう。

私服を購入するとき、安価なショップではブカブカのをすすめられたりすることもありましました。けど、きちんとした姿勢でピッタリなものを購入するほうがいいです。服が姿勢を正してくれますし、シルエットがかっこよくなります。

きちんとしたお店で服を購入すると、ワンサイズ下のものが適正サイズということに気付かされます。

スーツ生地の種類と仕立て

わからない時はいいスーツを購入しようとすると、有名なブランドショップに行ってしまいがちです。

そこであまりにも高価な値段を見て無理だとあきらめてしまったりします。

しかし、百貨店のオーダースーツショップに行ってみればわかるように、高級な生地を使って普通のショップで仕立ててもらうと安くすみます。

例えばゼニアのショップでスーツを仕立てるより、普通のオーダーショップでゼニアの生地で仕立ててもらった方がかなり安くなります。無理しなくてもそれで十分だと思います。

そういうところであれば、有名な高級な生地を使ってもなんとか頑張れる値段でスーツを仕立てることができます。

スーツに使う高級な生地にもいくつか種類がありますがオススメは『ゼニア』や『ロロ・ピアーナ』です。できればゼニアがオススメです。

しかし、高級なブランド生地でも安い価格のものはやはりそれなりのものになってしまいます。できる範囲でいい生地のものを購入することをオススメします。

タキシード

私はスーツのことぐらいまでしかわかりませんが、タキシードなどが必要となる可能性があるなら、いい品を早めに見ておいたほうがいいともいます。

住んでいる場所が都会に近いなら、見るだけでも有名ブランドのお店とか入ってみると面白いです。銀座で見たブリオーニのタキシードはすごくかっこよかったです。

姿勢を正しくするシャツ選び

シャツもお店でオーダーして購入するのがいいかなって思いました。しかし、シャツのような早い消耗品で時間がかかるオーダー品は難しいかなって思いました。

というわけで色々お店を回った結果、enter Gのシャツがよかったので購入しました。

シャツの写真

結構いろんなパターンがあり、しっかりしたコーディネーターの人がいるときに選んでもらい購入しました。いいシャツです。

ポイントとなるネクタイ

ネクタイは光沢で結構いいものかどうかわかりますね。シルク100%のものを購入すれば問題なさそう。ですが、そういうのはだいたい一本1万円以上します。複数本必要となると、全部最初からそういうものを揃えるのはなかなか難しいですよね。

高級品のタイユアタイ(TIE YOUR TIE)のネクタイとかいつか購入したいものです。

お金があまりない時のおすすめはシルク100%のものではなくても、シルクがしっかり入ってる光沢がいいものを選ぶことです。お店の人に聞いて、そういうのを選ぶといいよってお金がない時に教えてもらいました。

皮の違いと手入れが見える皮靴

靴は皮の良さもそうですが、きっちり手入れできてるかが見られやすいアイテムですね。超高級品でなくても、数万円以上の革靴であればしっかりしている感じがします。

手入れはクリームやブラッシングも重要と思いますが、きちんとシューキーパーを入れておきましょう。反り返ってダメにしてしまうのが一番もったいないです。私はネットで安価に購入できるレッドシダー製のシューキーパーを使用しています。

高級品は必要ないと思いますが、良いものは良いですよね。エドワードグリーンのストレートチップがめっちゃ欲しいです。銀座店でフィッティングさせてもらいましたが、いい感じでした。いつか買いたい一品です。

自分を入れる名刺入れ

名刺入れは自分の名前を入れるものなのでしっかりしたものを持ちたいですね。ですが、個人事業主とかでなければ赤色やクロコなど派手な名刺入れはやめたほうがいいですよね。

私は外は一般的な名刺入れに見えるけど、中にアクセントがあるエッティンガーのロイヤルコレクションを使っています。ちょっとは個性出したいですよね。

シンプルな時計を

時計はスーツ姿でわかりやすくおしゃれしやすい場所ですね。サラリーマンだとセイコーの『グランドセイコー』やシチズンの『ザ・シチズン』をつける人が多いのではないでしょうか?

いい時計は高価ですが、時計を投資対象にしている人がいるように、使用後は売って逆にプラスになることもあるようです。ロレックスなどが後で販売するには適しているようですね。

あと、アンティーク系の時計であれば、高級ブランドでも格安で購入できます。私は軽くてデザインが良いので、IWCやルクルトなどのアンティーク時計と現在のシチズンなどの時計を併用して利用してます。

ただし、アンティーク系は試しに売却価格を聞いてみましたが、投資対象には難しい感じがしました。好きな人だけが購入したほうがいいと思います。

また、皮ベルトはいいのを使うと見た目が全然違ってきます。私はここで良いベルトを見つけました。時計をおしゃれに飾りたいですよね。

カフスじゃなくカフリンクス

昔はカフスっていう名前が正しいと思っていましたが、正式名称はカフリンクスなんですよね。ただし、百貨店とかの定員さんでも通じなかったりすることがあるのでカフスで通したほうがいいと思います。

タテオシアンが有名ですが、他にもいろんな良いカフリンクスがあります。私は、シンプルなスターリングシルバーのカフスを使用しています。

タテオシアン カフリンクス

意外と見られる財布

財布はいい財布を持つほうがお得です! 昔は3〜5千円程度の財布を購入したりしていました。けど、10年ぐらい前に試しに1万を超えるしっかりした皮の財布を購入したところ、その丈夫さに驚きました。期間で考えると明らかにこちらの方がお得になったんです!!

当然見た目もよくかっこいいです。カッコも良くてトータルで安くすむなら絶対いい皮の財布買った方が特ですよね。私のおすすめは『ココマイスター』です。キーケースもココマイスター製品を愛用しています。

ココマイスターのブライドルレザー製の二つ折り財布と、国産のコードバン長財布を使い分けています。基本的に二つ折りで済ましていますが、いろんな意味でお金が必要なときは長財布を利用しています。

まとめ

スーツってとりあえず吊るしのものを買っておけばいいかなって思ってたけど、真面目に服装を整えるとかなり奥が深かったです。ペンなどの筆記用具やカバンなども書きたいけど、あまりにも長文になりそうなので別のページで書くことにしますね。

サラリーマン生活だけならあまりスーツも気にしなかったのですが、私はおいしいものを食べたり飲んだりするのが好き。

うまいものだけ食べれればいいんだけど、ごく稀に高級店などに行くと、経営者の人とか役員さんとかおえらいさんが結構多かったりするんだよね。

食事会の写真

相手の立場なんてあまり気にせず話するからどういう人でもいいんだけど、いて迷惑にならないように身だしなみは最低限整えておきたい。そんな感じでそろえてました。自分がカッコよくなりたいってのもあったしね。

そして、身だしなみを整えて転職活動している方のために、以下にリンクを載せておきますね。

⇒💼無職中に就活しながらできる仕事の探し方