トマトの木を植え付けた写真

トマトを植えたいけど支柱したり毎年植えるのって大変。そう思っていたらいいものがありました。その名もトマトの木と呼ばれる『タマリロ』さん。

温度はマイナス3〜5℃まで耐えれると言う情報がありますね。いわゆるみかんが植えれる場所ならOKな果樹ってやつかな。

植物探究家植物探究家

太平洋側の海が近いエリアならなんとかなりそうです。

ただし、強い西日はダメっぽい。ブルーベリーみたいな感じかな? どれぐらいかは実際に試してみるしかないですね。というわけで苗木を購入してみました!

育てた結果としては寒さに意外と弱く、なかなか芽を出さない意外と栽培が難しい植物でした。その詳細を以下にまとめておきます。

助手のハム助手のハム

簡単って聞いてたのに〜。

トマトの木ってなに?→タマリロです。

タマリロの写真

トマトの木って何?って思う人もいると思います。トマトの木は海外ではタマリロ(Tamarillo)と呼ばれる果樹。ナス科でトマトとの近縁種です。トマトに近い果実がなるのが特徴。

タマリロ(トマトの木)の説明写真

植物探究家植物探究家

果樹ってなりすぎても食べきれないし、野菜感覚で普通に食卓にあげるものが欲しかったんだ。

直受粉性もあり、大きくなれば一本で60kg程度収穫できるとのこと。一本大きく育てばそれだけで食費もかなり浮きますね。

ただし収穫期が8〜10月なので、台風で果実が飛んでしまう可能性があります。

助手のハム助手のハム

見た感じ風に弱そうな果実だね。

タマリロの種類

タマリロは一種類ではありません。黄色の果実の物や小さい果実のものなどがあります。

まだ日本では一種類しか市販されていませんが、これからいろんな種類が出てくるかもしれませんね。

タマリロの栽培管理-育て方の注意点も記載

タマリロから側芽を切り離した写真

タマリロの剪定

タマリロは6mぐらいまで大きくなるとのこと。さすがにその大きさまでなってしますと収穫ができません。

なるべく樹高が低なるように杯状に剪定していくといいですね。ただし根が浅く台風に弱いとのことなので、一文字かX字にして支柱で固定もありかなと思っています。

植物探究家植物探究家

実際に栽培していみると上に向かってぐんぐん育つ感じでした。

タマリロの写真

側芽の発生もあるためカットして主枝を成長させていきます。

タマリロの側芽写真

タマリロから側芽を切り離した写真

主枝は風で折れないように切り返して太くしていくといいです。秋までにこれぐらいの太さになりました。

成長点をカットして背丈を抑えたタマリロ写真

タマリロの葉処理

タマリロはかなり葉を出すようです。ですので果実に日光を当てるためと、風を受けないように葉を処理する必要性がありますね。

タマリロの施肥

タマリロは見た感じかなり成長が早そう。まずは肥料なしで様子をみて、厳しそうなら発酵鶏糞などをある程度根元に入れてみようと思います。

家庭菜園に使用する肥料の種類

タマリロの消毒

こういう新しい植物って登録ないだろうなぁ。できるだけ無農薬で栽培し、なんかあったらべニカ使って様子見って感じですね。

家庭菜園や室内のインドアガーデンにおすすめの農薬や殺虫道具をまとめたよ。


タマリロの植え付け

今回はタマリロの苗を2本買ってみました。大量に栽培するなら種で育てた方がいいんですが、家庭菜園なら1本残ってくれれば十分です。

購入したタマリロの苗写真

購入したタマリロの苗を見てみると、トマトと違い葉っぱが丸っこいですね。

タマリロ(トマトの木)の葉写真

この苗を植え付けるために穴を掘ります。久々にいい運動になりましたw

タマリロ(トマトの木)を植える穴を掘った写真

今回は無農薬にこだわるより枯らさない方が大事なので、オルトラン顆粒を少し土壌に入れました。しっかりした結実は二年目からのようですしね。

タマリロ(トマトの木)を植えるためにオルトラン粒剤を巻いた写真

苗を設置していきます。根が回っていたらほぐそうかと思いましたが、あまり根は出ていなかったのでほぼそのままで植え付けます。

穴にタマリロ(トマトの木)を設置した写真

植え付け完了後が以下のような感じ。あとでたっぷりと水をあげました。これからどう育っていくかな。

タマリロ(トマトの木)を植え付けた写真

タマリロの越冬とその後

栽培していたタマリロは冬の寒さで地上部が枯れてしまいました。6月になってもうダメかと思い掘り起こしました。そうすると根は生きている感じです。

越冬後のタマリロ写真

越冬後のタマリロ写真2

主枝を切り戻して鹿沼土挿して作ったタマリロの苗を植え付けましたが、全然芽が動いてくれません。

タマリロの挿木を植えつけた写真

もしかしたらかなり温度がないとダメな植物なのかもしれません。これだと露地栽培は難しいなぁという結論になりました。

種からのオレンジタマリロ栽培

オレンジタマリロの苗は現在販売されていませんが、種は手に入れることができます。100粒ほど購入してみました。

オレンジタマリロの種写真

プランターに種まき用の培養土を入れ、オレンジタマリロの種を植え付けていきます。今回はトマト専用の土とブレンドしました。

トマトの培養土写真

オレンジタマリロの種を種まき用土に入れた写真

軽く土をかぶせて終了。種が小さいので土の上に置くぐらいでもいいかと思いましたが鳥に種を食べられても困りますので。

オレンジタマリロの種を種まき用土に植え付けた後の写真

水をかけ、これで様子をみていこうと思います。

植物探究家植物探究家

残念ながら全然発芽しませんでした。種が悪かったのか環境が悪かったのかわかりませんが残念でした。

タマリロの食べ方

タマリロは皮も食べれるようですが、結構食べづらいようです。

だからスプーンですくって食べるか、湯がいて皮を取り除いて食べるのがいいようです。

植物探究家植物探究家

早く収穫して試してみたい。

タマリロのまとめ

タマリロは挿木で簡単に増えるけど寒さには意外と弱く、なかなか成長しない感じでした。ちょっと露地栽培で育てるのは難しいかな。

植物探究家植物探究家

鉢植えで軒下栽培がいいかも。

とりあえずもうすこし露地栽培でも様子を見ていきますが、果実を食べたい方は鉢植え栽培がおすすめですよ。ぐんぐん上に向かって育つので、切り返し剪定を行い小さく育てることをおすすめします。