20180124-blueberry4

アントシアニンが豊富に含まれていることで話題になりましたけど、それだけじゃないブルーベリー。

味も美味しいし、花もスズランの花みたいでかわいくて観賞用にもいい植物ですよね。家庭でもポイントをおさえれば育てやすくて非常に優秀な小果樹です。

ですが、栽培にはいろいろ注意しなければいけない点があります。そんなブルーベリーの品種や栽培方法などをまとめています。

このページでは主にラビットアイ系のブルーベリーについて説明しています。

ハイブッシュ系ブルーベリーやサザンハイブッシュ系は温かいエリアへの環境耐性が弱く、収穫量も低いため、現在はサザンハイブッシュを少量しか栽培しておりませんので。

ブルーベリーとは?

ブルーベリーはツツジ科 ススキ属の落葉果樹です。アントシアニンを含む植物として有名になりましたよね。

ブドウを小さくしたような濃いブルーの果実をいっぱいならせます。地下からどんどん新しい芽を出しますが、周囲にあまり広がっていくことはありません。

主にラビットアイ・サザンハイブッシュ・ハイブッシュの3種があります。

強いラビットアイを台木にしてサザンハイブッシュやハイブッシュを接木している苗も色々出回っています。

ブルーベリーはいい品種の完熟したものが美味しいので、ほんとうの味わいを楽しむなら家庭で育てるか観光農園に行くのが一番ですよ。

気候に合った系統選定

ブルーベリーにもいろんな系統があります。

・ミカンが取れるような温暖なところであれば『ラビットアイ』

・寒いとこなら『ハイブッシュ』

・暖かいところでハイブッシュのように速くとりたいときの『サザンハイブッシュ』

地域にあった系統を育てるのが無難ですし、その中の系統で糖度が高い・皮が薄い・種が少ないなど好みのおいしさを持った品種、または育てやすい強い品種を育てるのがいいですよね。

ブルーベリーの品種と苗

上記のように主に3つの系統がブルーベリーにはあります。それらのいくつかの品種を以下に示します。

ハイブッシュ系

寒いエリアで栽培したいハイブッシュ系。土壌もしっかり調整したほうがよい品種です。大玉系だけ記載します。私は温かいエリアに住んでいるため栽培しません。

チャンドラー

500円玉サイズも収穫可能と言われる超大型果実品種。

ダロウ

こちらも500円玉サイズと呼ばれる品種です。

スパルタン

上記2つよりはサイズは劣るものの、よく名前を聞く品種です。

サザンハイブッシュ系

暖かいところでハイブッシュのように速くとりたいときに使えるサザンハイブッシュ系。これとラビットアイ系を組み合わせることで長期果実が楽しめます。

果実の果皮も薄く、渋みも少なくておいしいです。しかし、ハイブッシュの血を引いているためやはり土壌条件を選ぶ品種で、雑な栽培では以下の写真のように生育が悪いです。

サザンハイブッシュの写真

5年以上鉢植えしてもあまり大きくならないため、枯れてもいいので地植えにしてしまいました。

果実は早いもので5月末ぐらいから青くなり始めます。長期収穫を楽しみたいのであれば植えるべきですが、個人的にはラビットアイだけでいいかなと思っています。

サザンハイブッシュの果実

オニール

早くから取れて味も良いがちょっと栽培が難しい品種。

ジョージアジェム

直立性のサザンハイブッシュブルーべリー。無難な一品。

ミスティー

サザンハイブッシュの中では収穫量が多いと言われる品種。

ラビットアイ系

ミカンが取れるような温暖なところであればラビットアイ。強健で栽培が楽。土壌もある程度排水性があり、西日が当たらないようなところであれば、どんどん大きくなっていきます。

天候やエリアにもよりますが、お盆など夏休みシーズンに果実が取れるのもいい点です。

ティフブルー

昔ながらの品種だが評価が高い品種。裂果が気になるがいい品種とのこと。

パウダーブルー

ティフブルーの交配品種。サイズが少し小さく酸味がでるが、裂果のリスクなどが抑えられる。

ノビリス

劣化が少なく受精も強くいい品種とのこと。しかしながら、味は好みが別れる品種。

バルドウィン

時期は最晩生種に入る。受粉にはティフブルーやパウダーブルーと一緒に植えると良い。

デライト

個人的にはオススメの品種。時期は遅いが甘くて少しぐらい未熟でも美味しく食べれる品種。

今年は豊作で大量に果実が取れました。ですが不作の年もあります。

ブルーベリー『デライト』結果状態写真

デライトの果実写真

また、ブルーベリーは木が広がって育つ開帳性のものと、上に向かってそだつ直立性のものがあります。

デライトは直立性のブルーベリーなので、以下の写真のように誘引しないと果実が取りづらいです。結構強めに誘引しても枝は折れませんよ。

ブルーベリーの誘引写真

ブルーベリー品種の詳細

ブルーベリーの品種について詳しく知りたい場合には、以下のサイトが詳しく載ってて便利ですよ。

・ラビットアイ系品種紹介 総集編

・ブルーベリーの全品種の特徴一覧

ブルーベリーの斑入り品種

ブルーベリーにも斑入り品種があります。現在は販売されていないようですが、『スノーフレーク(Snowflake)』という品種です。

ですがこれは国内だけで通じる名前で、海外ではすでに別の『スノーフレーク』と呼ばれる品種が登録されています。

この品種はラビットアイ系ですので、暖かいエリア向けの品種です。斑入りですが収穫期は早く、ラビットアイ系の中では極早生の部類に入るようです。

また、斑入りですが樹勢も強い上に病気にも強く、栽培が容易だとのこと。ぜひ手に入れて栽培したい品種ですね!

『斑入り』についての説明や、他の斑入り植物については以下の記事で説明しています。

⇒🌲斑入り植物の種類と育て方

ブルーベリーの栽培

ブルーベリーの栽培で気をつけたい部分についてまとめました。ラビットアイ系であれば排水性があり、西日さえあたらなければ結構楽に栽培ができますけどね。

適切な土壌作り

ブルーベリーと言えば酸性土壌!! そして通気性を良くするためにピートモスをしっかり入れよう!!

そんな感じでよく載っていたためとりあえず大量にピートモスを入れておいて失敗した人も結構いるのではないでしょうか?

ピートモスは水分を吸うまでが大変ですし、乾燥しやすいですよね。ブルーベリーは水分管理が重要な植物なので乾燥させてしまうと枯らしてしまいやすいですよね。

特に夏場!!点滴で水をあげれるか乾燥したら水をあげれる状態になっていればいいけど、家庭菜園でそこまで設置するのはそなかなか難しいですよね。

また、肥料のやりすぎにも注意しましょう。個人的には特に地植えの場合、寒い時期に有機質肥料を与えておくだけで十分だと思っています。

→🍀家庭菜園に使用する肥料の種類

手を入れれなくて果実をならせすぎた場合は収穫後に施肥してもいいかもしれませんが、あまり肥料はやりすぎない方がいいと思っています。

ピートモスって必須?

ハイブッシュならまだしもラビットアイ系統などの強い品種ではあまりピートモスを大量に入れる必要性はないと思っています。

土壌にある程度湿度と通気性があり午後から日陰になるようなところであれば少し、もしくはなくても家庭菜園レベルならきちんと育ちます。

暖かいエリアだと無理してピートモスを入れすぎると、土壌が乾燥しやすく管理が大変になってしまいますよ。

排水性などを保つために鹿沼土などを入れ、ピートモスでpHを調整する。そしてバークなどで表層の乾燥を抑えれば十分だと思います。

虫の対策(消毒)

ブルーベリーを栽培していると虫の恐怖があります。

もっとも大変なのはイラガの幼虫と、ハチですよね。どちらも刺されると大変です。

特にイラガの幼虫は果実を取るときに知らないうちにさわってしまい痛みが長い間とれなくなります。

農薬を使える道具がある方はデルフィンという農薬を使うといいです。

→🍀家庭菜園や多肉植物に使用する農薬などの防除資材

ブルーベリーの花

ブルベリーは以下の写真のようにスズランのような白くてかわいい花をいっぱい咲かせます。

いっぱい咲いたブルーベリーの花写真

拡大するとこんな感じです。かわいくていい感じですよね。ブルーベリーは果実だけでなく観賞用としてもいい果樹なんです。

ブルーベリーの花を拡大した写真

小鳥とハチの対策

小鳥が食べに来て風流だなって感じで楽しむのであればいいですが、おいしい熟した果実を食べようとするなら負けてはいられません(`・ω・´)キリッ

速く食べればいいのですが、青くなったばかりの果実は味がまだまだなんですよね。それでも鳥は食べちゃいます。

鳥がくるのも楽しみという人ならいいけど、そうではなければネットや透明なラインを張ったりなどの工夫が必要です。

果実が熟成してくるとハチも増えてきます。山近くで観光農園を行う場合は、しっかりと細かなネットをしないとハチに刺されて大変なことになるかもしれません。

ブルーベリーの青果系製品

青果を利用している商品をまとめてみました。

国産冷凍ブルーベリー

ブルーベリーピューレ

ブルーベリーパウダー

まとめ

まぁ、いろいろ大変な面もあるけどブルベリーってかわいくておいしくていい感じの植物ですよね。自分で育てると本当に熟成した甘い果実が食べれるのもいい点です♪

20180124-blueberry1

大変だけど果樹栽培を楽しむ余裕がある人にはお勧めの果樹です(*´ω`*)

あと、ブラックベリーやラズベリーを一緒に植えたりすると、いろんな果実を楽しめておもしろいですよ。

→🍇ブラックベリーの品種と栽培

→🍓ラズベリーの品種と栽培

果樹栽培の補助記事

果樹を栽培する時に参考になる記事を、以下にいくつかまとめておきました。

🍀肥料の種類

🍀農薬などの防除資材

🍋果樹の栽培管理道具

🌸鉢の種類

🏡家庭用ガラス温室の種類