ベビーキウイ(babykiwi)の写真

一粒が小さく、つまんで食べれるベビーキウイ(ミニキウイ)。私も過去にベビーキウイやサルナシを少し栽培していました。その記憶も含めて以下にベビーキウイ情報を記載します。

ベビーキウイ(サルナシ)とは?

マタタビ科マタタビ属のつる性果樹です。つる性ですので、棚が必要となります。受粉技が必要なものもありますが、自家受粉できるタイプの品種もあります。

また、果実は樹上完熟するものとしないものがあるようです。

ベビーキウイとサルナシの違い

ベビーキウイ系統の原種のひとつがサルナシと思えばいいと思います。ベビーキウイは原種を色々交雑し、今の生食できるレベルまで作りあげてきたようです。

ベビーキウイ(サルナシ)の品種と苗

果肉が赤色などに色づく品種がありますが、それ以外に果皮も色づく品種があります。

ケンズレッド.ジュネーブ.パープルシャドウ

果皮部分的にが赤くなるベビーキウイです。中身も赤紫色に着色します。や、果実が赤や紫になるタイプのベビーキウイです。受粉木必要です。

ジュネーブ

果皮が部分的に赤くなるベビーキウイです。果皮や果実は赤く着色しますが、そこまで強く着色しません。

パープルシャドウ

果皮も果実も赤く染まるタイプのベビーキウイです。

サルナシ

昔ながらの日本のサルナシです。

エメロード

果皮がつややかでキレイなグリーンをしているサルナシです。

紫香

中身が紫のサルナシ改良品種。

ベビーキウイの苗を探す

ベビーキウイ(サルナシ)の苗全般を検索して探す。

斑入りサルナシ

海外のベビーキウイで斑入り苗を見つけることはできませんでしたが、サルナシで斑入りの苗をキウイフルーツ同様に見つけることができました。

斑入り葉さるなし

斑入りの葉サルナシです。斑入りですが、食用系のサルナシとは違うかもしれませんね。

ベビーキウイの果実

ベビーキウイやサルナシの果実は、一般的にキウイフルーツに比べて糖度が高めです(数%程度)。

ですので、甘い方が好きって方にはこちらのほうがいいですね。以下に収穫したミニキウイを追熟し、カットした写真を載せます。

ミニキウイのカット写真

ちっちゃいけれど、しっかりキウイフルーツと同じような断面図となっています。しっかりつぶつぶのタネもありますね。

ベビーキウイ(サルナシ)の栽培

剪定

キウイと同じと考えると、12〜2月に行うのが一般的な記載ですが、夏剪定も行ったほうがよいです。大きく伸びた徒長枝などはかなり邪魔になってきます。

あまりにも混み合ってしまわぬように、来年度の結果母子をのこしつつ邪魔な枝を剪定しましょう。

特に果皮が赤色などに変わる品種においては、しっかり光を当てれるように剪定しましょう。

肥料

秋の施肥のみか、さらに春先にやるかで分かれています。ですが、サルナシのような原種であれば、なるべく施肥は抑えて自然のような形で栽培したいですね。

また、土壌条件としては保水性のある土壌に植え付けるのがいいです。

家庭菜園に使用する肥料の種類

消毒

家で栽培する場合は、ベニカマイルドスプレーなどの有機栽培でも使えるタイプの消毒を使うことがおすすめです。

家庭菜園や多肉植物に使用する防除資材

つる性植物ですので棚が必要になります。農業用のパイプでもいいですが、家庭用なら木材でできたおしゃれな棚がいいですね。

しかし、サルナシやベビーキウイであれば、大きめの鉢に支柱をつける形でもなんとかなるかもしれません。

ベビーキウイ(サルナシ)の青果系製品

青果を利用している商品をまとめてみました。

さるなしの砂糖漬け

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さるなし
価格:540円(税込、送料別) (2018/2/15時点)

さるなしジュース

さるなしジャム

まとめ

しっかり鉢などで根域を制限して、小さく仕立てれるなら家庭用果樹として面白いですね。ただ水切れだけは注意が必要そうです。

また、さるなしもいろんな健康系商品が出ていると思ったら、意外となくて驚きました。

その他、普通サイズのキウイフルーツの栽培や品種についての記事はこちらにまとめています。

キウイフルーツの品種と栽培