エケベリアの葉挿し写真

エケベリアは基本的に葉挿しで簡単に増やすことができます。斑入りやアルバ系などのエケベリアは葉挿しが難しかったりもしますけどね。以下にやり方や注意点をまとめました。

エケベリアの葉挿しのやり方

エケベリアの葉挿しのやり方は簡単です。安く済ませたいなら100均のトレーを買ってきて、その上に培養土を乗せて待つだけなんです。

あとで芽が出てきたりしたら植え替えたりしますがその程度です(斑入り品種とか種類によっては難しいです。あと、直射日光が当たる乾燥が激しい場所もよくないです)。

強い品種であれば、発芽して植え付けるまでは培養土すらなくても大丈夫だったりします(新聞紙の上などでも可能)。

葉を取るときの注意点!

ただ、注意点としては葉を取るときに根元からしっかりと取りましょう。適当にちぎって途中で切れてしまうと発根率が非常に悪くなります。

おすすめは根元から下向きに左右に振りつつ引っ張る方法です。以下の写真は葉をエケベリアからとって数週間放置した写真です。しっかり根が出てきています。

エケベリアの葉挿し発根写真

根が出て少し待つと発芽してきます。

hエケベリアの葉挿し発芽写真

そこから少し経つと、元々あった葉の栄養分を吸収して葉が枯れてきます。そして新しい葉が元気よく生育してきます。

ただ、その前の段階で植え付けるのが無難だと思います。下の葉が付いている時に植え付けた方が環境変化に強いです。

エケベリアの葉挿し生育写真

この使用しているエケベリア シムランスの記事は以下のところにまとめています。

『シムランス アセッション』

エケベリア葉挿しでの注意点!

品種によっても増やしづらいものがあると思いますが、斑入り品種はかなり生育も遅く葉挿しが難しいです。

以下の写真はインブリカータ錦の写真です。黒い点がある方は植物ホルモンを使用しています。植物ホルモンなしのものは発芽していません。

植物ホルモンの種類と多肉植物への使用例

インブリカータ錦の葉挿し写真

また、発芽してもきちんと斑入りになるかはわからないのも斑入りエケベリアの葉挿しの怖いところでもあります。

次の写真はバークレー錦の葉挿し写真です。こちらはキレイに斑入りで発芽してくれていますが、数十分の一でしか発芽してくれませんでした。難しいですね。

バークレー錦の葉挿し写真

以下の写真はエケベリアの交配種である斑入りのグラプトベリアです。

斑入りの葉挿し例写真

エケベリアとは少し違いますが、少し根が出ただけで増殖が難しかったです。斑入り多肉植物の葉挿しは、こういうふうに発根だけで終わり枯れていく場合が多いですね。

なんでも増やせるとは思わず、増やせるかどうかちょっとづつ試してどうなるか見ながら試していくのがいいと思います。どうしても葉をとった後は傷んでしまうし、無駄に処理するともったいないです。

また、発芽しても小さな苗の状態は環境変化に弱いです。環境を整えてしっかり栽培していきたいものです。

葉挿しのまとめ

基本的にエケベリアは葉挿しで増やすことができますが、斑入り品種やアルバ系など難しい品種もあります。できるかわからない場合は少量だけ葉を取り試してみることをおすすめします。

無理に葉をとって弱らせてしますなら、挿し木して数を確保しつつ元株から子株を出し増やしていく方向性もありますからね。以下にエケベリアの挿し木記事を載せておきます。

寒い冬でのエケベリア挿し木テスト

エケベリア葉挿し苗の栽培比較試験

エケベリア葉挿し苗ができてきたけど、どのタイミングで植え付ければいいかわからない。ネットで色々見ていても、葉挿し苗をどの段階で植えつければいいのかわかりやすい情報がなかった。

というわけで、どの段階で植え付ければいいかを知るために、葉挿し苗の段階別植え込み比較試験を行ってみました。

葉挿し初日

葉をとってから以下の3点まで成長したものを比較することにしました。とりあえずしっかり成長したものが一番生育が早いはずですがどうなるやら。

【根だけが出ているもの】
発根あり葉挿し写真

【根と小さな芽が出ているもの】
発芽あり葉挿し写真

【根とある程度しっかりした芽がでているもの】
生育した葉挿し写真

20日以上経過した写真

根だけのものは1ヵ所芽が出てきてるが、かなりスピードは遅い感じがする。芽をしっかり出すためには発芽部位にしっかり日光が当たるのが必要な感じだ。

また、小さな芽の段階で植えたものが、元々しっかり芽が出てきていたものと同じかそれ以上に大きく育ってきている。

【根だけが出ていたもの】
発根あり葉挿し20日経過写真

【根と小さな芽が出ていたもの】
発芽あり葉挿し20日経過写真

【根とある程度しっかりした芽がでていたもの】
生育した葉挿し20日経過写真

40日以上経過した写真

さらに時間が経過すると、あきらかに少し芽が出た段階で植えたものの生育が一番いいということがわかりました。

芽が出る前に植えると芽が出た後の植え付きがいいですが、発芽率が悪く生育がスタートするまでが遅くなってしまいます。

ですが、あまりにも乾燥したり日光が当たるような環境であるなら出た根が傷んでしまうため、最初から植え付けておいた方が良さそうです。

【根だけが出ていたもの】
発根あり葉挿し40日経過写真

【根と小さな芽が出ていたもの】
発芽あり葉挿し40日経過写真

【根とある程度しっかりした芽がでていたもの】

生育した葉挿し40日経過写真

小苗の水やり注意点!

乾燥した挿し木苗の写真

エケベリアの発根し始めは弱い根が出ます。しっかり水やりなどを行わないと根がダメになってしまいます。

一度根がダメになってしまうと、次の根が生えてくるまで待つ必要性があります。また、次の根が出ず枯れてしまう可能性もあります。

また、葉は水やりで回復する場合もありますが、あまりに遅いと枯れてしまう場合があります。

私も以前作ったエケベリアの苗を乾燥で痛めてしまい生育を遅らせてしまったので、注意点を書いておこうと思います。

葉挿しや挿し木でしっかり芽や根が出て小苗ができても、水やりを失敗して枯らしてしまうと悲しいですよね。

挿し木苗の乾燥変化

以前作成した、エケベリアの挿し木苗が乾燥していく経過を以下に記録します。

寒い冬でのエケベリア挿し木テスト

少し乾燥後の状態

発根した挿し木を植えつけ、少し経過したのが以下の写真。ちょっと乾燥気味だったので、少し水を加えておきました。

挿し木苗植え付け写真

水やりを忘れてた苗木

少し根も出ているし、地上部に水分もたくわえられているため、大丈夫かなと思いちょっと放置していました。そしたらかなり乾燥してシワシワになってしまいました。

乾燥してしまった挿し木苗写真

水やりで回復したが。。。

水をしっかりやり回復させたものの、外側の葉は完全には戻りませんでした。

葉挿し苗の乾燥耐性

葉挿からできる苗は挿し木苗よりも小苗で、さらに根が小さくすくないです。

霧吹きで加湿にならないように葉挿し苗を育てていましたが、一部乾燥しすぎて枯らしてしまうことがありました。

根が弱く水を吸収しきれてないのを確認してなかったのが失敗の原因ですね。植え付け初期は特に細かなチェックが必要です。

元の葉がない苗

元の葉が枯れてなくなった小苗は特に乾燥に弱いです。水を切らすなど、葉挿ししたものをゆっくり生育させてしまうとあとの生育が難しくなります。

以下の写真のように、元の葉がなくなってしまうと、少しの水分切れで枯れてしまいます。

乾燥で枯れてしまった葉挿し苗

埋め込み型苗の水やり

早く発芽する率が低くなりますが、最初から葉を土中に埋め込んでしまうと乾燥にも強いです。できる根も乾燥で痛みずらいため、生育は空中で発根させた苗よりよかったです。

埋め込み型の葉挿し苗

速度と発芽率をとるのか、発芽してからの安定性をとるのか悩ましいところです。

噴霧型の水やり道具

霧吹きの写真

発根したての根に大量の水を与えてしまうと根腐れを起こしてしまう可能性があります。少量づつ霧吹きで水を与えるのがおすすめです。私は以下の細かな霧が出る霧吹きを使っています。

子苗の水やりまとめ

葉挿しや挿し木によってできた小苗は根も弱く、初期は特にしっかりとこまめな水やりが必要。

そして、根腐れを防ぐために霧吹きで少量づつ全体に水を与えれるといいですね。

エケベリアの葉挿しは発根で止まってしまったりなど、葉挿し自体が難しいものもあります。

ですので、いきなり土壌へ挿す場合でも、いくつかは確認のために埋めずに置いておいたほうがいいです。

葉挿しの結論

品種にもよるかもしれませんが、葉挿しで一番いい植え込みタイミングは少し発芽した段階で植えることです。

それ以上になると親の葉が枯れてしまうため、根がしっかり土中に入れ込み水切れしないように細かな水やりをするなど手間が大変でもあります。

そして、小苗は弱いことを理解し、しっかりと忘れずに早めに水やりをやるようにしましょう。忘れると回復させるのが大変です。

また、これ以外にも成長が遅くなる冬季に葉挿しをしてみた記録がありますので、参考までに以下に載せておきます。十分増やせそうな結果となりました。

低温下でのエケベリア葉挿し状態変化

今回使用したエケベリア シムランスや、その他のエケベリア記事は以下のところでまとめています。

『シムランス アセッション』

エケベリアの品種と栽培