ムーンガドニス錦を横から見た写真

小型で斑入りのフリル系エケベリアを探していたところ、『ムーンガドニス錦』に出会いました。

フリル系だと🌼『シムランス アセッション』がキレイでお気に入りです。しかし少し大きめで斑入りでないため、交配して好みの品種を作りたくなっていました。

『ムーンガドニス錦』は斑入り品種でもしっかりと花芽がつくため交配が可能です。

そんな『ムーンガドニス錦』を購入したため、自宅での栽培状況と形状写真などをまとめます。

ムーンガドニスとは?

ムーンガドニスはプリドニス(和名:花うらら)とデレンベルギー(和名:静夜)との交配で作られた品種です。

デレンベルギーのぷっくり感と、プリドニスのエッジにある赤いラインが合わさってキレイな品種となっています。

ムーンガドニス錦とムーンガドニスは別で販売されていますが、調べていると元々ムーンガドニスは斑入りという記載があります。

数が増えていく中で斑入りでないものが増えてきて、斑入りのものをムーンガドニス錦として区分けしたのかが気になるところです。

プリドニス錦とデレンベルギーが交配するとムーンガドニス錦になるような感じがするので、元々はそんな感じでできた品種ではないんだろうかと思っています。

また、ムーンガドニスの和名は『織姫(おりひめ)』と言われたり、ムーンガドニスと織姫は交配が同じだが系統が違うという情報があります。この辺ややこしいですね。

ムーンガドニス錦の発根作業

今回手に入れたムーンガドニス錦は根っこがほとんどない苗でした。おそらく輸入時に根を取り除いたあとの苗ですね。

ですので、以下の写真のように宙に浮かして発根させることにしました。そのまま植えてもいいかもしれませんが、高い苗だったので枯らしたくなかったんですよね。

発根中のムーンガドニス錦

少し時間を置くと、ある程度根が見えてきたので植え付けることにしました。もう少し待ちたいけど、出た根が乾燥しすぎてもよくないですからね、

発根し始めたムーンガドニス錦の写真

多肉植物用の培養土と硬質赤玉を混ぜ合わせたものに植えつけて水を噴霧しました。最初は少しづつ水分補給をするだけにしておきます。まだまだ根が弱いですからね。

水を噴霧したムーンガドニス錦の写真

そして花芽が付いていましたが、さすがにこの状態で開花するのは難しいと考え取り除いて様子をみることにしました。

ムーンガドニス錦の形状写真

ムーンガドニス錦はキレイな斑入りエケベリアです。まずはムーンガドニス錦を上から見てみましょう。フリルもいい感じについてます。

ムーンガドニス錦を上から見た写真

次にムーンガドニス錦を横から見てみましょう。葉がけっこう肉厚な感じです。これぐらい厚みがあると乾燥にも強くてよさそうでね。

ムーンガドニス錦を横から見た写真

ムーンガドニス錦の紅葉変化

冬に購入したムーンガドニス錦ですが、かなりフチの部分が赤く紅葉していました。

以下の写真が3月下旬のものですが、かなり赤色が少なくなってきました。暖かくなると赤いラインがどうなるのかちょっと様子を見たいと思います。

3月のムーンガドニス錦を横から見た写真

3月のムーンガドニス錦を上から見た写真

ムーンガドニス錦の斑について

ムーンガドニス錦の班はキレイにフチを回っているのではなく、線状に内側に入り込んでいるのが特徴ですね。すこしギザギザの斑入りになります。

ムーンガドニス錦の葉拡大写真①

今回購入したムーンガドニスの斑は以下の写真のように少しかたよっていたりもしました。選抜していけば斑入りの状態を揃えれるのか、それともこのようにかたよるのは特徴なのか気になるところです。

ムーンガドニス錦の葉拡大写真①

まとめ

非常にキレイなフリル系エケベリアである『ムーンガドニス錦』。

小型で斑入りであるところもいい感じです。ですが、まだまだエケベリアの中ではかなり価格が高い状態ですね。

なかなか手に入れることは大変ですが、やっとひとつ手に入れれた苗。大事に育てていきたいと思います。

🌵多肉植物栽培の補助記事

多肉植物を栽培する時に参考になる記事を、以下にいくつかまとめておきました。

💡植物育成用LED照明と多肉植物栽培

🏡家庭用ガラス温室の価格と種類

🎐風通しをよくするサーキュレーターの種類

🧪植物ホルモンの種類と多肉植物への使用例

🌱多肉植物に使いたい小型の発芽装置

🌵多肉植物用の肥料(液肥)と土壌改良剤

🌵多肉植物用培養土の種類

🍀農薬などの防除資材

🌸植物栽培に使いたいおしゃれな鉢の種類