エケベリアの花を分解した写真

エケベリアって姿からは予想できないぐらい色鮮やかな花を咲かせる多肉植物なんです。

そんなエケベリアが花咲くまでの順序を示した写真と、交配用に花の内部がどうなっているかをまとめました。

ちょっと交配しようと思っているけど、エケベリアの花ってどんな感じか気になっている方に見てもらいたい記事です。

花の成長過程写真

私が住んでいるエリアですと、3月ぐらいからエケベリアの花芽が出始めてきます。最初は軸の部分がぐねぐねと曲がってちょっと心配な感じです。

エケベリアの花芽がで始めた写真

そこから少し時間が経過すると、花芽がまっすぐ伸び始めます。花はまだ白いツボミの状態です。

まっすぐ伸び始めたエケベリアの花芽写真

もうすこし成長すると花が色づいてきます。『シムランス』の場合だと赤色になります。

赤く色づき始めたエケベリアの花写真

そしてついにエケベリアの花が咲きました。フチが黄色でかわいい感じの花です。

花が咲いたエケベリアの写真

花の内部状態と交配

やはり花が咲いたら交配をしたいものです。しかし、まずはエケベリアの花がどのような形であるかを知る必要性があります。というわけで、エケベリアの花を切り取ってきました。

切り取ったエケベリアの花写真

まずはエケベリアを花の先端から見てみましょう、しっかり雄しべと雌しべが見えますが、このままでは交配は難しそうです。

エケベリアの花を先端から見た写真

エケベリアの花を解体してみました。雄しべは花びらにくっついてるのが特徴ですね。これは交配がやりやすそうです。

エケベリアの花を分解した写真

花びらを取り除き雌しべだけの状態にしました。交配のときはこのような形にして交配を行うといいですね。

花びらを取り除いたエケベリアの写真

ただし、注意点があります。花びらがしっかりとくっついているため、花びらをとるときは根元のガクの部分をしっかり抑えて作業を行いましょう。

開花後の様子

エケベリアの開花が終わると、花だけではなく出てきた茎の部分も一緒に茶色く枯れていきます。

エケベリア開花後の写真

花が枯れて行く状態の拡大写真はこちら。

エケベリア開花後の拡大写真

枯れた後の花を回収しました。これを分解していこうと思います。

エケベリア開花後の枯れた花写真

外側の花びらをとると以下のような感じになります。

枯れた花の外側をとった後の写真

このフサを開けると細かなタネがいっぱい入っていました。エケベリアは交配させるとたっぷりタネが取れるので交配にはいいですね。

エケベリアのタネ写真

まとめ

春に咲くエケベリアの花はかわいくてキレイですね(品種や環境によっては花の時期はずれるとはおもいますが)。

そして交配するならこの時期を逃してはいけません。しっかりと好みの品種を交配で作り上げたいのものですね。

交配に使いたい色々な週類のエケベリアの品種は以下のページでまとめています。

⇒🌼エケベリアの品種と栽培

また、ハオルチアの交配についても知りたい方は以下のページを見て下さい。

⇒🥀ハオルチアの開花と交配