ティッピー錦を斜めから見た写真

斑入りエケベリアの『ティッピー錦』。細葉でツメがあるのがかわいい感じです。

チワワエンシス錦を枯らせてしまった経験があるのでちょっと購入を悩みましたが、気になったので買ってみました。

そんなティッピー錦の栽培記録をまとめています。

💰被災地エリアに納税したい。

ティッピーとは?

ティッピーはアガボイデスとデレンベルギーの交配種です(違う交配との情報も有)。

アガボイデスのツメが残っている感じがいいですね。サイズは小さめのエケベリアです。

購入後のティッピー錦

購入したティッピー錦を植え替えて写真をとってみました。まずはティッピー錦を上から見た写真です。中心部はしっかりとしまっています。

ティッピー錦を上から見た写真

次はティッピー錦を斜めから見た写真です。これぐらいの角度だと葉のふっくら感と、ツメの感じがよくわかりますね。

ティッピー錦を斜めから見た写真2

さらに拡大するとこのような感じになります。キレイな感じです。

ティッピー錦を斜めから見た写真

少し成長したティッピー錦

ティッピー錦を植え替えてから少し成長した写真です。かなり外側の葉が開いてきました。

ティッピー錦が少し成長した写真

ティッピー錦を上から見た写真がこちらです。外側は広がっていても中はしっかりとしまっています。

ティッピー錦が少し成長した写真2

拡大するとこんな感じになります。

ティッピー錦が少し成長した拡大写真

ティッピー錦の胴切り

テグスを用いてティッピー錦の胴切りに挑戦してみました。しかし、軸が硬くてテグスではカットすることができませんでした。

ティッピー錦の胴切り写真

というわけで、しかたなく刃物を使ってカットすることにしました。

ティッピー錦の胴切り写真2

刃物でうまくカットできましたが、テグスでも傷をつけていたのでかなり葉を落とすことになってしまいました。

ティッピー錦の胴切り写真3

テグスが通らないパターンは初めてでした。小さな株に見えても胴切りのときには刃物も準備しておいた方がいいですね。

今までは以下の記事の中にある写真のように、テグスでキレイにカットできていたのでちょっと驚きました。

⇒🌼エケベリアの葉挿しと水やりの注意点!

刃物で胴切りはできたものの発根と発芽がなかなかうまくいきません。胴切り後に高温の日が続いた影響があるのかもしれませんが、少し増やすのが難しい品種なのかもしれませんね。

ティッピー錦の胴切り写真4

あまりに発根しないため、ピーコッキーブルート錦と一緒にバーミキュライトに試し植えしてみました。

バーミキュライトに挿したティッピー錦とピーコッキープルート錦の写真

日陰に放置して久しぶりに確認してみると、かなり葉が元気になってきています。

葉のシワが取れてきたティッピー錦の写真

掘り起こしてみるとしっかりと発根していました。梅雨に入り温度が下がったことや、発根促進剤を使用した影響もあるかもしれませんが、バーミキュライトに挿すことで発根することができました。

発根したティッピー錦の写真

ここまで発根したら問題ないため、普通の培養土に植え替えを行いました。あとは大きく育ってくれるのを待つだけですね。

植え替えしたティッピ錦の写真

また、胴切りした元株からも新芽が出てきました。しかしこちらは斑入りではない株ができてしまったようです。キレイな斑入りの株を増やすのは難しいですね。

胴切りから発芽したティッピー錦の写真

まとめ

キレイだけどちょっと増やすのが難しそうなエケベリア『ティッピー錦』。

発根か発芽がされないとこれで栽培が終了になってしまいますが、なんとか復活してほしいものです。

ツメがある斑入りエケベリアが好きなのであれば、チワワエンシス錦もオススメですよ。

⇒🌼『チワワエンシス錦』