シルバークィーン錦

エケベリアのシルバークィーン錦を購入しました。花が咲く品種かわかりませんが、シムランス アセッションと交雑させるとキレイな斑入りでフリル系の品種ができそうだと思ったのでおもしろそうと思ったんです。

シルバークィーン錦とは?

シルバークィーン(Silver Queen)という品種がエケベリアにあり、この品種が斑入りになった品種かと思いました。しかし、形状がかなり違ってます。

いろいろ確認したところ、シルバークィーンの斑入り品種ではないということがわかりました。これとは全く別の品種でこの名前がついた品種ということでした。

シルバークィーン錦の形状

シルバークィーン錦ってどんな品種なのって気になる人もいると思うので、写真をのせておきますね。まずは上から見た写真です。

シルバークィーン錦を上から見た写真

これが横から見た写真。フリル系と掛け合わせるといい感じになりそうな雰囲気!

シルバークィーン錦を横から見た写真

シルバークィーン錦の拡大写真

シルバークィーン錦を部分的に拡大した写真を載せておきます。まずは中心部の写真。小さい段階でしっかりと斑入りであり、ツメがしっかりした形状をしています。

シルバークィーン錦の上部拡大写真

葉裏を拡大した写真。大きくなるにつれて葉先がフリル状の形になっていきます。ですがツメはしっかりと残っていますね。

シルバークィーン錦の葉裏拡大写真

シルバークィーン錦の葉挿し

シルバークィーン錦下部の古い葉が黄色化してきていました。ある程度発根してきたし見栄えをよくするついでに葉挿しを行ってみることにしました。

シルバークィーン錦の全体写真

古い葉を取り除いてすっきりキレイな感じに仕上がりました。交雑用に購入したためあまり増やす気はないのですが、試しに古い葉を葉挿し用に回収しました。様子を見ていこうと思います。

シルバークィーン錦の葉回収写真

残念ながら葉挿しはうまく成長しませんでした。斑入りエケベリアの葉挿し増殖は難しいです。葉挿しのやり方については以下のところにまとめています。

【エケベリア】葉挿しを失敗しないようにやり方を説明。枯らさないよう水やりに注意!

シルバークィーン錦の変化

シルバークィーン錦ですが、台風で室内に入れていた影響もあってか夏場は葉がだらんと落ちた感じになりました。個人的にはこちらの方が好きな感じです。

シルバークィーンは夏場に葉白っぽくなり、冬は葉が緑色になる品種です。冬場白くなるティッピー錦とは逆のタイプですね。

『ティッピー錦』

しかし、秋になると葉が立ってきました。日光条件より、温度変化で葉の角度が変わるようですね。

冬になるとかなり葉が立った株になりました。葉先もピンク色になってかわいいですね。だけど花芽がつきません。花がつかない品種なのかな?

サイズが大きくなってきたので試しに胴切りをしてみました、エケベリアの胴切り方法についてはこちらに記載しています。

⇒💡弱光によるエケベリアの徒長と胴切りのやり方

テグスで胴切りしたエケベリアの写真

その後小さな芽が出てきました。ちょっと枯れないか心配でしたがこうなると安心です。

芽が始めたシルバークィーン錦の写真

そのまま置いておいたら大量の芽が出てきました。意外とシルバークィーンは強い子ですね。

大量の芽が出てきたシルバークィーン錦の写真

間引きをかねて子株を増やそうとしてみました。しかし葉が柔らかいうちは弱いらしく枯らしてしましました。ある程度大きくなってからでないと株分けは難しいようです。

シルバークィーン錦の芽回収写真

胴切りした地上部が発根したため地植えにしてみました。地上だと葉が汚れてしまいやすいですが、意外と元気に育ってくれています。

シルバークィーン錦上部写真

地上にして初の冬になりました。葉が結構傷ついてしまっていますが、元気に育っています。このままうまく越冬してくれるといいな。

冬の地上シルバークィーン錦の写真

まとめ

シムランスなどのフリル系品種と掛け合わせて斑入りでフリルのキレイな品種をつくるにはよさそうな『シルバークィーン錦』。

花が咲くかわかりませんが、この品種自体もキレイなので大事に育てていこうと思います。また、その他の斑入りエケベリアは以下のところでまとめています。

斑入り(錦)エケベリアの種類と苗

あと、その他の斑入り多肉植物や、その他のエケベリア記事は以下のところでまとめています。

エケベリアの品種と栽培

斑入り多肉植物の種類