サブセシリス錦の写真

小型で可愛い斑入りエケベリア『サブセシリス錦』を購入しました。小型の黄覆輪エケベリアはなかなかないですよね。以下にどんな感じかの写真と、葉挿しなどの様子をまとめます。

サブセシリス錦とは?

サブセシリス錦とはメキシコ原産のエケベリア『ピーコッキーサブセシリス(peacokii subsessilis)』の斑入り品種です。別名『モーニングライト』とも呼ばれています。小型でキレイな斑入り品種です。

ですが、モーニングライトは日本だけの名前です。正式にモーニングライト(Morning Light)と名前がついている品種はカンテとシャビアナの交配種になるので注意が必要です。

暑さに弱く、交配しても班が移らない。そしてインブリカータ錦のように葉挿しを行っても斑入りのものができないと、ちょっと扱いづらい品種のようです。

サブセシリス錦の形状

ちょっと黄色い感じの覆輪がキレイなサブセシリス錦。いろいろな角度で撮った写真を以下に載せておきます。まずは斜めから撮影した写真。

サブセシリス錦を斜めから見た写真

サブセシリス錦を上から見た写真。上から見ると黄覆輪というのがわかりやすいですね。

サブセシリス錦を上から見た写真

サブセシリス錦を横から見た写真がこちら。季節や日照条件にもよると思いますが、最初は丸っこい葉ができ、それから長細く成長していますね。

サブセシリス錦を横から見た写真

拡大写真

斑入りの状態などをしっかり見るには拡大するのがわかりやすいので、サブセシリス錦の拡大写真を撮ってみました。まずは中心部の写真。小さいうちからしっかり斑入りです。

サブセシリス錦の中心拡大写真

次は葉先の写真。中心部は緑色が先端近くまで行っていますが、キレイな覆輪系ですね。

サブセシリス錦の葉先拡大写真

そして葉裏の写真。きちんと葉裏もキレイな斑入りとなっています。

サブセシリス錦の葉裏拡大写真

サブセシリス錦の葉挿し

サブセシリス錦は葉挿しをしても斑が残らないとの情報がありましたが、試しに葉挿しをやって見ることにしました。まずは葉を取ります。

サブセシリス錦の葉回収写真

そして、マジックでマーキングした葉を植物ホルモンにつけていきます。植物ホルモンの影響で斑が残ったりしないかな?

植物ホルモンの種類と多肉植物への使用例

サブセシリス錦の植物ホルモン処理写真

あとは培養土の上に置いて様子を見ていきます。

サブセシリス錦の葉挿し写真

まとめ

高温に弱く、葉挿しでは斑が残らないという話ですが、小型で黄覆輪のエケベリアは少ないので栽培したくなってしまいますよね。その他のエケベリア斑入り品種は以下のところに書いています。

斑入り(錦)エケベリアの種類と苗

あと、その他の斑入り多肉植物や、その他のエケベリア記事は以下のところでまとめています。

斑入り多肉植物の種類

エケベリアの品種と栽培

多肉植物栽培の補助記事

多肉植物を栽培する時に参考になりそうな記事を、以下にいくつかまとめておきました。参考になりましたら幸いです。

多肉植物に使いたい肥料(液肥)と土壌改良剤

多肉植物用培養土の種類

家庭菜園や多肉植物に使用する防除資材

植物栽培に使いたいおしゃれな鉢の種類

植物育成用LED照明と多肉植物栽培