防風ネットの張り方|ベランダや庭に防風ネットを設置するやり方を説明!

ベランダや庭に使いたい防風ネットの種類と選び方、そして設置するにあたって必要なネットの張り方などの情報をまとめました。

ですが、もし台風被害に備えるなら「水災補償」、「風災補償」、「落雷補償」などが入った火災保険にまず加入するのがおすすめ。今なら以下のように一括で火災保険を比較できるサービスがありますよ。

火災保険の一括見積もり先一覧

植物探究家植物探究家

台風シーズン前に月払いで加入し、数ヶ月ぐらいで解約するようにすればお金もあまりかかりません


防風ネットの種類と高さ

防風ネットで注意するのは編み目の大きさと高さですね。

植物探究家植物探究家

高くまでネットを貼ると、当然支柱も頑丈なものが必要になります。

例えば以下のような防風ネットだと遮光もできますが、編み目が細かいため風が吹けばその力をまともに受けるため丈夫な支柱が必要となります。

上記のような1mmの細かな編み目から下記のような4mmレベルのものなど、幅広いネットが販売されています。

4mmぐらいのものであれば防風能力は落ちますが、支柱の頑丈さは下げることができます。また、光の透過率もあがります。

支柱の太さと基礎の設置

ネットを設置するには支柱と、場所によってはしっかりと固定できるコンクリートなどで作られた基礎が必要になります。

植物探究家植物探究家

土壌が柔らかい場所ではしっかり固定できないと支柱ごと風で飛ばされちゃうよ。

使うネットの種類・風の強弱・何に使うかなどを加味して決定する必要性があります。

柔らかい土壌の支柱の建て方

柔らかい土壌に防風ネットを設置する場合、単菅パイプを差し込むだけでなんとかなります。強風が当たる場合は基礎を作りしっかり固定した方がいいですけどね。

植物探究家植物探究家

土壌にパイプを打ち込むならスライドハンマーが便利!

単菅パイプに装着して、簡単に土壌に人力でパイプを打ち込めるスライドハンマーの使い方は以下の動画がわかりやすいです。

硬い土壌での支柱基礎

硬い土壌の場合だと人力で穴を掘るのが大変です。その場合、重機を使って穴を掘るか、コンクリートやブロックなどできっちり土台を固定する必要性があります。

風が強いが、細かい防風ネットを使いたいなどの場合でも同じくしっかりした土台が必要です。状況に応じて土台選択をしていきましょう。

防風ネットの張り方

防風ネットと支柱だけではネットをしっかりと固定するのは難しいですよね。ですので、小道具を用いた防風ネットの張り方を少し書きます。

単管パイプとワイヤー

単管パイプで防風ネットを固定する場合は、ワイヤーを通して固定するのがいいですね。全て単管パイプで固定すると費用がかかりすぎます。

トンネル支柱と防風ネット

家庭菜園で野菜を守るだけならトンネル支柱と防風ネットの組み合わせだけでもなんとかなります。できればパッカーでしっかり固定する方がおすすめですけどね。

パッカーは支柱のサイズに合わせたものを購入しないとダメなので、そこだけはしっかり確認が必要です!

DIYでつけるベランダ用の防風ネット

アパートやマンションなどでも防風ネットは役立ちます。高い場所から洗濯物などが飛ばないようにしたり、周りから見えないように目隠しがわりにもなったりします。暑い夏場には遮光の役割も果たしてくれますね。

ベランダ用防風ネットの効果は?

ベランダ用に防風ネットを購入しても本当に効果があるか心配になりませんか? いろんな方の感想を見ていると防風効果は当然として、やはり以下のようにいろいろメリットがあるのがわかりました。

防風ネットの効果
  • 防風効果 – 洗濯物やスリッパの飛散が抑えられる。ベランダ菜園の保護になる。
  • 目隠し効果 – 周りからの見られることを抑えられる。
  • 遮光効果 – 強すぎる日差しを抑えれる。
  • 楽天のレビュー

    ベランダでの防風ネット設置方法

    ベランダで防風ネットを設置するなら好みのネットを購入し、ネット釣り具などを使ってネットを設置する方法があります。

    しかし、DIYなどに慣れていない方なら、もともと固定用のヒモを通す穴(ハトメ)がある防風ネットを購入する方法がオススメです。

    個人的にはこちらの方がしっかり固定できるのでオススメです。ハトメなしでネット釣り具などで固定しようとしても強度が弱くなってしまいがちです。

    ネットを固定するヒモはできれば『防風ネットの貼り方』で説明したような金属製のワイヤーと固定具がいいです。

    しかし、ベランダにそこまでやりたくないと思う方も多いと思うので、できるだけ太くしっかり強度のあるヒモを使いましょう。そして、台風前にはヒモが劣化してないかチェックを忘れずにしましょう。

    植物探究家植物探究家

    プラスチック製のヒモは劣化が早いです。

    ヒモの縛り方はしっかりしていないと強い風で外れてしまう可能性があります。以下のサイトがヒモの縛り方に詳しいので参考にしてください。

    ロープの結び方

    また、強風でベランダの窓ガラスが割れないか心配な方は、窓ガラス用のフィルムを貼っておきましょう。割れたガラスでケガをするリスクを抑えることができます。

    植物探究家植物探究家

    防音や、UVカット、目隠しなどでも窓ガラスフィルムは使われますが、ガラスが割れた時の二次被害を抑える効果もあります。

    ベランダフェンスにはバルコニーシェードが便利!

    ベランダフェンスに暴風対策をするならネットよりもバルコニーシェードの方が頑丈でおすすめ。日差しを避けるためにつける製品のため、かなり日光も遮られますがその分丈夫。

    植物探究家植物探究家

    植物を育てているなら強く日差しが遮られるので、その辺は注意が必要です。

    簡単に取り付けバンドでつけれたり、カットしてもほつれにくい構造をしていたりと使い勝手もいいですよ。こういう製品もうまく組み合わせていきたいものです。

    防風ネットの張り方まとめ

    ネットを設置する場合重要なのは編み目の幅と土台ですね。

    編み目が細かければ風をしっかり抑えれますが、強風がきたときは支柱ごと倒される危険性もあります。

    植物探究家植物探究家

    風が強くてネットが飛んで行ったり、支柱ごと倒れると後処理が大変

    また、土壌が柔らかければそのまま打ち込むだけで配管を設置してネットをかけれますが、固い場合はコンクリートなどで土台をしっかり作る必要性があります。

    地域の特性を見てしっかり設置していきたいですね。またその他の風よけはこちらでまとめています。

    色々な種類の風よけ方法

    あと、強風による災害対策の準備と、保険については以下のところにまとめています。

    台風などの自然災害の防災対策と被害対応方法

    しっかりした家の保険に入ってない方は、強い台風の時は短期で解約するつもりでとりあえず総合的な保険に入っておくことを本気でおすすめします!

    なんかあった時の安心感があるのとないのでは全然違いますし、月払いで1〜2月ぐらいで解約するようにすればお金もあまりかかりませんよ。

    助手のハム助手のハム

    被害が出ることが予想されるのであれば、急いで保険に加入しておくべき。

    繰り返しになりますが台風被害の保険だけを追加したいということであれば、台風に備えて「水災補償」、「風災補償」、「落雷補償」などが入った火災保険に加入しておきましょう。今なら以下のように一括で火災保険を比較できるサービスがありますよ。

    火災保険の比較はこちら

    ですが保険はややこしいので、まずはプロに相談するのがお勧めです。やるなら保険相談とアンケートの回答だけでお米やお肉などのプレゼントがある『保険見直しラボ』がいいですよ。

    保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!