ハオルチアの斑入りはキレイだけどなかなか栽培が難しい。

だからそのままで白くキレイな品種がないかなと思っていたら『スプレンデンス』という品種を見つけました。

個体によってはキレイな白色になりハオルチアの中でもかなりの高価なものになります。私が以前購入した『雪景色』もスプレンデンスの交配種です。

⇒🌵ハオルチア『雪景色』

高価な苗は買えないけど、とりあえず試しにいくつか安価な品種を購入して栽培したのでその記録をまとめておきます。

スプレンデンス『メアリー』

白くてちょっと赤くなった姿がキレイだったので購入したのが『メアリー』と呼ばれるスプレンデンスです。購入時の写真は以下の通り。

購入後の上から見たメアリーの写真

購入後の横から見たメアリーの写真

まだまだ横方向にだけ葉が出ている状態でした。ですが夏になり、以下のように全体的に葉が配置されるようになってきました。

夏のメアリー写真

そして秋の写真が以下のような感じ。葉はしっかりしてきたので白さが出てくるとキレイになりそうですね。来年に期待です!

秋のメアリー写真

スプレンデンス『SPK-2』

スプレンデンスのなかでGM452という系列が白くてキレイと見かけ、苗を探してみました。

白くていいものは高かったので、まずはGM452の系列の『SPK-2』と呼ばれる品種を購入して栽培してみました。購入時の写真は以下のとおりです。

購入後のspk2を斜めから見た写真

購入後のspk2を上から見た写真

秋になり様子を見てみるとかなり上方向に大きくなっていました。形的にはメアリーの方が好みだなぁ。だけど白さはこちらの方が現在いい感じ。これからどうなるかな?

秋のspk2を斜めから見た写真

まとめ

斑入りのハオルチアではなく、白さを求めるのであればスプレンデンスがいい感じです。

ですが、本当に白い品種は入手困難ですし価格も高価。まずは安価な品種でどのようにすればうまく栽培できるか様子を見てこうと思います。