玉入りオブツーサを横から見た写真

窓がキレイなハオルチアのオブツーサ。まさにジュエルプランツってやつですね。

しかし、オブツーサと呼ばれるものにはいろんな種類がある。正式な分類はどうなっているんだろう? 気になりますよね。

というわけでオブツーサの分類や、実際に育っている品種についてまとめました。最近は玉入りオブツーサが私のお気に入りです♪

\この記事を書いた人/
植物探究家の画像

斑入り植物を愛する植物探究家。詳細なプロフィールはこちら

植物が好きな方はフォローしてね。
  • ユーチューブ
  • グリーンスナップ
  • インスタ
  • 【どれが正しい?】オブツーサの分類

    成長して子株が出てきたオブツーサ系統2を上から見た写真

    オブツーサを調べているとクーペリーなどなんか別の名前が出てきます。クーペリーって何?

    いろいろ調べていると、日本では異なる系統でも特徴的な透明でぷっくりとした窓がある品種はオブツーサという名で一括りにしていることがわかりました。

    いろいろなサイトを見てみると、世界的にもいろいろな派閥で区分けしていてまだ定まっていないようですね。

    植物探究家植物探究家

    主にクーペリー(H.cooperi)の変種で現在は落ち着く方向でいるようです。

    日本だとオブツーサで通りますし、クーペリーって見かけたらオブツーサの種類なんだなって思えばいいですね!

    私が栽培中のオブツーサ

    玉入りオブツーサを上から見た写真

    オブツーサにはツンツンタイプのブラックオブツーサや丸っこい窓の紫オブツーサなどいろいろな種類がありますよね。

    ここでは私が栽培しているオブツーサをまとめました。外に地植えしていますが元気に育っています。早く斑入りのオブツーサも手に入れて栽培したい!

    玉入りオブツーサ

    ちょっと変わったオブツーサが欲しいなと思って見つけたのがこの『玉入りオブツーサ』。窓に白い玉ができます。

    玉入りオブツーサを横から見た写真

    上から見ると、できたばかりの若い葉には白い玉ができてない。成長すると玉ができてくるようです。

    玉入りオブツーサを上から見た写真

    玉の部分を拡大するとこのような感じ。透明な窓に白い玉がいい感じでキレイです。

    玉入り部分の拡大写真

    オブツーサ系統1

    こちらは中心にギュッとしまった感じのオブツーサ。

    オブツーサ系統1を横から見た写真

    オブツーサ系統1を上から見た写真

    あたたかくなって新しい葉が出てもギュッとしまった感じは変わりません。

    オブツーサ系統1が成長した写真

    オブツーサ系統2

    こちらはちょっと扁平型の葉をしたオブツーサです。

    入手時のオブツーサ系統2を横から見た写真

    最初は葉が細くてちょっとかっこ悪かったですが、成長するにしたがってぷっくりしてキレイになりました。

    成長して子株が出てきたオブツーサ系統2を上から見た写真

    そしていつの間にか下部に子株がいっぱいできていました。増え方がすごいですね!

    成長して子株が出てきたオブツーサ系統2を横から見た写真

    子株の拡大写真がこちら。ぎっしりつまっています。このまま置いておくとどうなるか様子を見ていこうと思います。

    オブツーサ系統2の子株拡大写真


    オブツーサの葉挿し

    ブラックオブツーサの葉挿しはかなり時間がかかりますが、一般的なオブツーサは葉挿しで簡単に増えます。

    オブツーサの葉挿し写真1

    葉をとって置いておくだけで芽がどんどん出てきました。

    オブツーサの葉挿し写真2

    そして気づけばこの大きさになっていました。ただ、簡単に増えますが増やしてもスペースがないので処分しました。

    オブツーサの葉挿し写真3

    植物探究家植物探究家

    ハオルチアの葉挿しについてはこちらでまとめています。

    オブツーサの分類と栽培まとめ

    日本では特定の形をしたものをまとめてオブツーサと呼んでいますね。世界でも分類が確定していない以上これはこれで楽かもしれません。

    植物探究家植物探究家

    ハオルチア初心者がクーペリーって言われてもオブツーサじゃないのってわからなくなりますよね。

    いくつかオブツーサを栽培してみましたが、意外と外に置いても元気に育ち、増やすのが簡単だということがわかりました。

    昔、光るオブツーサをというものを徒長させてしまいあまり栽培しなかったのがもったいなかったな。