クリーンベンチの写真

現在では多肉植物などでも無菌操作が行われているようですね。

昔は無菌培養するなら無菌空間を作る基本的にクリーンベンチという装置が必要でしたが、最近は簡易に無菌操作できるセットも出ています。

無菌培養作業中の植物写真

私も学生時代や研究職の時に無菌操作を行なっていましたが、私生活でも小型のクリーンベンチを試しに買ってたりもしました。

これから再度無菌培養をするための道具を揃えると、一体いくらぐらいの価格になるのか気になりました。ですので、無菌操作に必要な道具類と価格を調べてみました。

最近の安価な無菌操作技術

多肉植物の組織培養写真

ヴィトロプランツというところが安価な無菌培養技術を開発しています。これならクリーンベンチやオートクレーブが必要ありません。

ヴィトロプランツ

お試しキットは無料ですので、とりあえず手に入れて試してみるとおもしろいですよ。

無菌培養作業中の植物写真

一般的な無菌培養道具

一般的に無菌培養するとなると無菌空間を作れるクリーンベンチなどを購入します。それ以外にも道具が必要となり、総額がかなり高くなります。

ちょっと趣味で始めるのには難しいレベルになります。とりあえず使用する道具を以下にまとめます。

小型クリーンベンチの種類

クリーンベンチの写真

クリーンベンチは大型のものだと安いところを探しても50万以上。大体は100万円かそれ以上してしまいます。

趣味レベルならそこまでのものは必要ないですので、現在販売されている小型のクリーンベンチを調べました。

クリーンベンチCT-600AD

小型で最も安いレベルだと大体10万円を少し超えるぐらいで購入できます。しかし、スペース的に量が多いとちょっときついかもしれません。

¥122,185 (2020/05/26 07:44:42時点 楽天市場調べ-詳細)

サン・オートクレーブ SUN-1500

無菌操作をするなら、機材を無菌状態にする必要性があります。例えば120度2気圧で20分など、菌を殺して滅菌状態にします。

この作業を行うのにオートクレーブという道具が必要です。これを小型で探しても20万円ぐらいと結構な値段がします。

¥181,761 (2020/05/26 07:44:42時点 楽天市場調べ-詳細)

卓上用バーナー

クリーンベンチで無菌空間を作っても、使用した道具を殺菌しながら使わないとリスクが大きいです。

そのため、一般的にクリーンベンチ内にバーナーを引き入れ、火で道具を殺菌しながら作業することになります。バーナーは数万円程度します。

¥7,160 (2020/05/26 13:44:34時点 楽天市場調べ-詳細)

培養容器

無菌培養するなら無菌にした容器が必要になります。培養フラスコや、シャーレに入れて培養するのが一般的です。

¥1,202 (2020/05/26 00:59:32時点 Amazon調べ-詳細)

ピンセット

植物体を手で触るわけには行かないため、基本的にピンセットを使って作業します。好みがありますが、曲がったタイプが使いやすくてオススメです。

¥878 (2020/05/26 21:40:25時点 楽天市場調べ-詳細)

カット用のメス

クリーンベンチ内でカットするときは、バーナーで滅菌しながらの作業となります。ですので金属製のメスハンドルに替え刃を付けて使用します。

¥872 (2020/05/26 21:40:25時点 楽天市場調べ-詳細)

薬品類

道具や場所の殺菌のために消毒用エタノールを、素材の殺菌のために次亜塩素酸ナトリウムを無菌操作では使います。

¥2,980 (2020/05/26 21:40:26時点 楽天市場調べ-詳細)

培養培地

無菌培養するなら栄養分を含む培地を作る必要性があります。水に溶かすだけでできるパウダーを利用するのが一般的ですが、手に入れれないかもしれません。

そんなときは、市販の液体肥料とココナッツミルクなどを組み合わせて作るのも一つの手です。

多肉植物に使いたい肥料(液肥)と土壌改良剤

培地は寒天を使用してしっかり固めましょう。寒天を加えず液体培地で培養もできます。

しかし、順化(外部環境になれさせる)が難しく、大量培養や成分抽出を行う場合などでない限りやらない方がいいです。

あとは成長点をとって生育のいいウイルスフリー個体を作ったり、カルス化させるなどして突然変異を起こしたいなら植物ホルモンを利用する必要性があります。

植物ホルモンの種類と多肉植物への使用例

カルス化や個体再生するための最適な濃度設定は大変ですが、いい植物体を作り出すには必要な作業となります。

その他の培養道具

上記の道具以外にも『ろ紙』・『アルミホイル』・『薬包紙』など、必要に応じて使うものがあります。その辺は個人の好みによるので省略いたします。

安く無菌操作する道具

さすがにクリーンベンチやオートクレーブを購入して無菌培養を始めようとするとあまりにも金額が高くなってしまいます。

ですが、趣味のレベルならクリーンベンチの代わりにアルコールランプ。そしてオートクレーブの代わりに圧力鍋で培養を行なっている方々もいます。

現在ならアルコールランプと次亜塩素水、そして圧力釜などの組み合わせなどでなんとかできそうな気もします。ただ、安く済まそうとするとそれだけコンタミのリスクは増えるだろうなぁ。

次亜塩素水の写真

¥1,680 (2020/05/26 21:40:26時点 楽天市場調べ-詳細)

ですが、昔の人は野外で採取した植物を設備がないところで無菌化したい場合は、アルコールランプと次亜塩素酸ナトリウムで対応してたようです。

¥479 (2020/05/26 16:23:00時点 楽天市場調べ-詳細)
¥2,980 (2020/05/26 21:40:26時点 楽天市場調べ-詳細)

そういうのを聞くと、今の状態ならなんとでもなりそうな気分になります。

まとめ

お金に余裕がある人や、無菌操作の経験者はクリーンベンチを購入したほうがいいです。しかし、試しにやってみたいというレベルでは設備が効果なので、ヴィトロプランツなどを試してみるのをおすすめします。

多肉植物だと、増殖が難しい斑入りのアガベ『ピンキー』などが無菌培養での増殖を試されているようです。

雨避けで育てたいアガベの斑入り品種

私もかなり昔に趣味で小型クリーンベンチ買ったけど、仕事などで忙しくてほとんど結局使わなかったな。

もったいない。もうフィルターとかダメになってると思うけど、またいつか余裕がでたら多肉植物の培養とか挑戦して見たいな。研究していた時代が懐かしぃ。。。