🏖泥炭で浮いている不思議な生態系の『浮島の森』

ちょっと外に出てドライブしていると、新宮市で『浮島の森』というところを発見しました。

気になって入ってみると、本来生息しない植物が生息する不思議な生態系を持つ泥炭で浮いている島ということがわかりました。

このシステムがわかれば水耕栽培などにいい発展がでそうな感じがします。そんな『浮島の森』に行った記録を写真として残しています。

『浮島の森』の外観写真

浮島の森を外から見ると普通のちいさな島にしか見えません。以下に外観写真を載せておきますね。

泥炭で浮いている新宮市の『浮島』写真2

泥炭で浮いている新宮市の『浮島』写真3

泥炭で浮いている新宮市の『浮島』写真

浮島のフチ

浮島の外側のフチ部分を見てみると浮いているような感じに見えます。

泥炭で浮いている新宮市の『浮島』写真4

泥炭で浮いている新宮市の『浮島』写真5

泥炭で浮いている新宮市の『浮島』写真6

浮島の内部写真

浮島には橋がかかっていて、内部に入ることができます。ちょっと水がある部分もありますが、普通に地面があるような感じになっています。

泥炭で浮いている新宮市の『浮島』写真7

泥炭で浮いている新宮市の『浮島』写真8

泥炭で浮いている新宮市の『浮島』写真9

泥炭で浮いている新宮市の『浮島』写真10

泥炭で浮いている新宮市の『浮島』写真11

浮島の森の場所

浮島の森がある場所は和歌山県 新宮市の中心部になります。

昔は広い池の中で浮島が自由に移動していたみたいですが、どんどんと狭くなり動いている姿はみることが難しくなったようです。ちょっと残念ですね。

まとめ

不思議な生態系と島が浮くメカニズムがおもしろい『浮島の森』。

紀伊半島のかなり南になりますが、試しにこういうところに行ってみるのも発見があっていいものですね。

※交通費が気になる方には以下の記事がオススメです。
⇒🚆高額な遠距離の交通費を安くする方法