ダイソンの小型掃除機と室内の多肉植物の写真

室内で植物を栽培しているとどうしてもホコリやゴミが周囲にちらばってしまいますよね。

そんなときにオススメなのが『ダイソンの小型掃除機(ハンディクリーナー)』です。大きな掃除機って出すのが面倒だけど、小型サイズだと簡単に楽に掃除できて便利なんです!

そして持ち運びが簡単で、吸引部分のパーツが簡単に取り替えれるのが便利! 植物をあまり動かさないように掃除しやすいんですよね。

ダイソンの製品は普通の掃除機よりかは高めですが、ずっと使える安心感もあるので長期で見れば安い買い物になるかもしれません。土とか吸ってすぐに壊れるのも嫌ですしね。

そんなダイソンの小型掃除機と、鉢を倒してしまった時の対応写真などをのせておきますね。

室内で鉢を倒してしまった時

どうしても室内で植物を栽培していると、以下のようにアクシデントで鉢を倒してしまうことがあります。

室内で鉢を倒してしまった写真

もうね、めちゃくちゃあせります。特にカーペットとか毛布とかにかかった時にはしゃれになりません。今回はもろにそのパターンでした。

これはちょっと掃除機だけでは無理かなと思いながらもダイソンの掃除機で掃除してみました。そうすると以下の写真のようにほぼ元の状態までキレイにすることができました。

ダイソンの小型掃除機で汚れをキレイにできた写真

小型掃除機とはいってもダイソンはさすがに吸引力が強いですね。ぬれたタオルなどを使って対応しなければいけないかと思いましたが、掃除機だけで十分対応できました。

鉢の間を掃除するときも便利!

どうしても室内で植物を育てていると、鉢と鉢の間などにホコリや土などが落ちてしまうんですよね。

鉢の間にたまったホコリや土の写真

そういうときも掃除しやすいようにパーツを切り替え、小回りがきく小型掃除機は非常に便利です。

鉢の間を小型掃除機で清掃する写真

ダイソンの小型掃除機パーツ

種類にもよりますが、ダイソンは小型掃除機といっても以下の写真のようにいろいろなパーツがそろっています。基本的には左の2パーツがあれば十分ですけどね。

ダイソンの掃除パーツ写真

取り付けもボタンを軽く押して外して、付け替えるパーツを差し込むだけで簡単にできるところがいいところです。

ダイソン小型掃除機のパーツと取り付け口写真

ダイソンならゴミの処理も簡単♪

紙パックなどを使っている掃除機だとパックの取り替えも面倒ですし、なにより余分にお金がかかってしまうのがツライところです。

ダイソンだとフタを開けてゴミをゴミ袋などに入れれば終わりなので簡単で余分にお金もかかりません。これもダイソンのいいところですね。

ゴミを捨てているダイソンの掃除機写真

まとめ

ちょっと普通の小型掃除機よりかは値段が高いけど便利なダイソンの掃除機。パーツも色々あっていろんな場面で活躍します。

植物の室内栽培用としても便利ですが、アパートなどで一人暮らししてるなら掃除機はこれ一つで十分なぐらいの能力があります。

室内栽培している方が掃除機を買い換える時にはおすすめの一品ですよ。