ガステラロエ(ガストロアロエ)の種類と栽培

ガステリアが好きでいろいろ集め始めましたが、最近ちょっと気になる植物があります。ガステラロエ(ガストロアロエ)です!!

ガステラロエの記事

増殖関係

ガステラロエの葉挿しと地植え!

ガステリアとアロエの交雑でガステラロエ

ガステラロエ(Gasteraloe)はガステリア(Gasteria)とアロエ(Aloe)、またはガステリア以外の植物との交雑種です。異種交配種(異種属間交配種?)というのかな。以下のように近い分類なので交雑が可能なのですね。

【ガステリア】
ススキノキ科 ツルボラン亜科 ガステリア属

【アロエ】
ススキノキ科 ツルボラン亜科 アロエ属

ガステラロエ(Gasteraloe)、ガストロアロエ(Gastroaloe)、ガストロレア(Gasterolea)といろんな名前が付いています。海外のサイトを見た結果、どうやらガステラロエが正しいようです。

という理由から、今後このサイトでは『ガステラロエ(Gastroaloe)』を使用していきます。

ガステラロエの栽培

栽培条件

ガステリアとアロエの交雑種であるため乾燥には強いようです。アロエが入っているので太陽光にも強いようです(品種によるかもしれません)。

また、子吹きもあるようですので増殖も比較的楽そうです。

しかしながら、温度条件が厳しそうです。中には15度以上を目安としているのもあります。その辺は掛け合わせ品種を確認して購入したほうがよさそうです。

消毒

消毒においては観葉植物用の農薬は可能なのでしょうが、できればベニカマイルドスプレーなどの有機栽培でも使えるタイプの消毒ですましたいですね。

しかし、高い苗ですので、それではおいつかない状態になったらすぐに化学農薬で対処したほうがよさそうです。

家庭菜園や多肉植物に使用する農薬などの防除資材

肥料

多肉植物は即効性より、遅効性の肥料を使うほうがおすすめです。また、培養土は排水性のよい多肉植物専用のものを使いましょう。

多肉植物にオススメの肥料|液肥や一緒に使いたい土壌改良剤もまとめて説明!

肥料の種類と内容説明|家庭菜園に肥料をやる前に、まず種類や成分を理解しよう!

多肉植物用培養土の種類と私の混合比率を説明

水やり

ガステリアとアロエは両方乾燥したエリア原産の植物です。ですので水のやりすぎは危険ですね。根腐れを起こさないようやりすぎに注意していきましょう。

ガステラロエの苗

現在、いろいろなガステラロエの苗が販売されています。以下にいくつか示します。

グリーンアイス

ガステラロエ グリーンアイス(Green Ice)はアロエ 『バリエガータ』とガステリア 『リトルワーティ』の交配種です。

グリーンゴールド

ガステラロエのグリーンゴールド(Green Gold)です。

シルバーリーブス

ガステラロエのシルバーリーブスです。

千代田竜(チヨダリュウ)

ガステラロエの千代田竜(チヨダリュウ)です。

ホワイトパール

ガステラロエのホワイトパールです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

osガステラロエ ホワイトパール おもしろ多肉植物
価格:1078円(税込、送料別) (2018/2/7時点)

ベグイニー

ガステラロエのベグイニー(Beguinii)です。

ベグイニー

満天の星(マンテンノホシ)

ガステラロエの満天の星(マンテンノホシ)です。

まとめ

ガステリアもあまり寒さに強くないという情報がありますが、アロエも品種によってかなり寒さに弱い品種があります。

なるべくガステリアの性質が強く残っているような系統を探して育てたほうが無難かもしれません。ガステリアの情報は以下にまとめています。

多肉植物『ガステリア』の種類と室内栽培