ライチ(レイシ)は本州で地植え栽培するのは無理かなって思ってました。ですが、−4℃で枝葉が枯れ始め、ー6℃だと地上部がすべて枯れるとの情報を得て、それならなんとかなるかなと思い苗木を購入しました。

しかし誤算が一つありました。花芽が作られるのは冬。冬に低温に合わないようにするのは難しため、花を咲かすことが難しいようです。

果実がならない木だけがあってもしかたないですからね。暖冬の年に期待するか、鉢植えにして室内に取り込むしかなさそうです。

私は地植えにしてしまったので、とりあえずは地植えでどうなるか様子を見ていきたいと思います。

ライチの品種

まずライチを栽培するにあたって一番気になるのはどんな品種があるかではないでしょうか?

ライチはかなりいろいろな品種が出ています。ですが日本で手に入る品種は限られていますね。以下のような品種がネットショップで手に入れることができます。

・沖縄の在来種
・佐多ライチ(在来種-鹿児島県)
・黒葉レイシ
・フォンフェイレイシ(栽培中)
・モチゴメ(ノーマイチ)レイシ(栽培中)
・チャカパット
・ギョクカホウ
・三月紅
・アヒル卵(巨大果)

くわしくは果樹専門のネットショップを見るといいですよ。楽天やアマゾンでも購入できますが、現在はあまり種類を置いていないです。

・La Fruta(山陽農園)

・ゆす村農園

・鹿児島ライチショップ

ライチの育て方

冒頭にも書きましたが、ライチの木は冬場に低温になる場所だと花芽が寒さでダメになり、果実がならずに木だけが育つ事になります。

ですので家庭で育てて果実を収穫する場合には、鉢植え栽培にして冬場室内に入れるか、家庭用の温室を設置する必要性があります。

⇒🏡家庭用ガラス温室の価格と種類

また、酸性土壌を好むため、アルカリ性の土壌はピートモスなどの酸性資材を入れ土壌改良した方がいいですよ。

日照条件は日当たりを好むので、しっかり太陽光があたるところで栽培しましょう。強い植物のようですのでまずは放任状態で育ててみたいと思います。

肥料

強い植物のようですので、まずは肥料なしで様子をみてみようと思います。葉の変色等がみられるようでしたら少しづつ有機肥料を与えて行こうと思います。

→🍀家庭菜園に使用する肥料の種類

消毒

家で栽培する場合は、ベニカマイルドスプレーなどの有機栽培でも使えるタイプの消毒を使うことがおすすめです。

→🍀家庭菜園や多肉植物に使用する農薬などの防除資材

ライチの栽培記録

今回はフォンフェイライチとモチゴメ(ノーマイチ)ライチの苗を購入し、地植え栽培を行ってみることにしました。

ライチの苗写真

まずはライチの苗を植え付ける穴を掘っていきます。

ライチ植え付け前の土壌改良写真

そして酸性土壌にするためブルーベリーの土を入れ、もともとある土壌と混ぜ合わせ土壌改良します。

ライチ植え付け前の土壌改良写真2

ライチの根を軽くほぐし、掘った穴にいれて植え付けていきます。

ライチ植え付け前確認写真

植え付けて少し経った状態がこちらの写真です。このまま寒さに負けず元気に育っていってほしいものです。

地植えしたライチの写真

ライチの経済栽培

ライチの木自体は寒さにある程度強いため、経済栽培したい場合は冬だけ屋根かけ栽培するというのも一つのでではないかと思っています。

樹高を低く仕立ててある程度の年数まではそのまま栽培し、一定以上の大きさになったらビニールハウスを作り花芽を寒さから守るという手もあると思っています。

まぁ九州南部とかで本格的に露地栽培が増えてきたら対抗できないと思いますが。観光農園としての利用ぐらいでしょうか。

ライチの加工品

ライチの果実をたっぷり利用した加工品は以下のようなものがあります。

ライチネクター

ライチ果実がたっぷりすりおろされた飲料『ライチネクター』です。

ライチピューレ

ライチをたっぷり加工して使うならピューレが便利です。冷凍だから日もちの点も安心。

ライチシャーベット

市販のものでも果汁が多いものだと30%台含まれていますね。夏に食べたい一品です!