木の画像

ジャボチカバは日持ちが悪く、その場で食べないとおいしくない果実! そういうところが家庭栽培する魅力と感じちゃいます。

ジャボチカバとは?

フトモモ科 プリニア属の落葉果樹です。自家受粉性があり一本で実がなります。果実が枝から直接なるところが不思議な感じの果樹ですね。ぶどうのような果実がなります。

小葉系・中葉系・大葉系があり、結実までの年数は大葉系のほうが早いようです。小葉系は実生からだと10年以上かかるとも書かれています。大葉系は四季なり性、小葉系は二季なり性のようです。

ジャボチカバの品種と苗

生育が遅いジャボチカバですが、大苗も出回っているのが助かりますね! 実生苗だと結実までかなり年数がかかるようですので、接木苗を購入するのがよさそうですね。

耐寒性は0〜−3度と表記があり、暖地であれば強い寒波にあたらなければ越冬ができそうです。

ジャボチカバ 小葉種

ジャボチカバ 大葉系

ジャボチカバ ビッグワン

ジャボチカバの斑入り品種

ジャボチカバにも斑入り品種があります。しかしながら、日本での苗販売は現在行われていないようです。どんなものか知りたい場合は『Jaboticaba Variegata』などのキーワードで検索してみてください。

また、『斑入り』についての説明や、他の斑入り植物については以下の記事で説明しています。

⇒🌲斑入り植物の種類と育て方

ジャボチカバの栽培

剪定

11〜3月に行うものと、3月〜11月と全く逆の記載のところがあります。ただ、熱帯果樹なので真冬の剪定はやめたほうがいいと思います。

また、ゆっくりした成長なので、初期はあまり剪定を行わないほうがいよいかもしれません。

肥料

ゆっくりとした成長ということなので、少し有機質肥料を施肥しておけばいいかなと思います。肥料をやりすぎて根を痛めてしまうほうがこういうタイプだと怖いですよね。

→🍀家庭菜園に使用する肥料の種類

消毒

家で栽培する場合は、ベニカマイルドスプレーなどの有機栽培でも使えるタイプの消毒を使うことがおすすめです。

→🍀家庭菜園や多肉植物に使用する農薬などの防除資材

ビッグワンの栽培

ジャボチカバの栽培をしたくなって『ビッグワン』の接木大苗を購入しました。やはり大玉がいいし、早く果実がとりたかったので。

ジャボチカバ『ビッグワン』の大苗

ウワサで接木苗なのに接木苗じゃなかったって話を聞いたことがありましたが、確かに接木部位がわかりづらい果樹ですね。言われないとわからないです。

ジャボチカバ『ビッグワン』の接木部位写真

苗を買った当初の葉の状態は以下のような感じです。ちょっと色素が薄くなっていますね。

ジャボチカバ『ビッグワン』の葉っぱ写真

鉢から根を出すと以下のようにかなり根がこんがらがった状態でした。この状態で植え付けはよくないので根をほぐすことにしました。

ジャボチカバ『ビッグワン』の根の写真

暑い時期に根をあまりさわりたくなかったのですが、さすがにこの状態はよくなかったため以下のようにある程度根をほぐしました。

ジャボチカバ『ビッグワン』の根をほぐした写真

そして苗を植え付けるのですが、ジャボチカバは酸性土壌が好き。よって今回は酸性に調整されているブルーベリーの土を培養土に加えて植え付けることにしました。

ブルーベリーの土写真

無事植え付けが終わりました。接木の大苗でも結実には時間がかかるようです。早く開花が見たいものです。

ジャボチカバ『ビッグワン』の植え付け写真

ジャボチカバの農業利用

果実の日持ちが悪い、そしてタネがあり可食部が少ないなどの理由から果実の販売で利益を得るのは難しそうです。

また、周年収穫できればいいですが、種類にもよると思いますが加温しないと基本的に果実の収穫期が夏から秋までという点もよくないです。

物珍しさがあるため観光農園でちょっと試しに食べれるように5〜10本程度置いておくか、苗木生産のみにしぼった方がいいですね。

苗木については接木苗を作成する必要性があるでしょう。需要も少ないのでそこまでやる価値があるかは考えものです。

まとめ

その場だけで生の果実が楽しめる果物っていうところがいいですね! まさに家庭菜園向きの果樹かもしれません。品種にもよるとおもうけど、屋根の下での鉢植え栽培であれば結構なエリアで栽培できそう。

挿し木も簡単にできるみたいですし、それをのんびり増やして楽しむのもいいかもしれませんね。

果樹栽培の補助記事

果樹を栽培する時に参考になる記事を、以下にいくつかまとめておきました。

🍀肥料の種類

🍀農薬などの防除資材

🍋果樹の栽培管理道具

🌸鉢の種類

🏡家庭用ガラス温室の種類