『姫美人錦』を斜めから見た写真

ハオルチアの『ピグマエア』が好きなのですが、以前投稿した『タイガーピグ』以外にも関連品種があることがわかりました。

それが『姫美人錦』と呼ばれる斑入りのハオルチアです。筋状に斑が入っているだけでなく、強めに斑入り担っている部分があるのも特徴ですね。

そんな『姫美人錦』についての説明や、どんな植物か各部位の写真を撮影して説明します。

\この記事を書いた人/
植物探究家の画像

斑入り植物を愛する植物探究家。詳細なプロフィールはこちら

植物が好きな方はフォローしてね。
  • ユーチューブ
  • グリーンスナップ
  • インスタ
  • 姫美人錦とは?

    ハオルチア『姫美人錦』はピグマエアの変種『アスペラルラ』の斑入り品種です。

    アスペラルラは普通のピグマエアよりも、モコモコの部分が薄い品種です。ですので窓がほとんど白っぽくならないんですよね。

    そのアスペラルラの斑入り品種が『姫美人錦』なのですが、以下の写真のようにかなり窓が透明な感じです。

    『姫美人錦』の窓写真

    ですので、一説には「他の品種との交配種では?」とも言われています。

    姫美人錦の全体写真

    それでは姫美人錦の写真を見ていきましょう。まずは一番かっこよく見える斜めからの写真です。キレイな斑入りハオルチアですね。

    『姫美人錦』を斜めから見た写真

    これが姫美人錦を上から見た写真です。形は『ピグマエア』だけど、つやつやな感じがちょっとピグマエアっぽくないですね。

    『姫美人錦』を上から見た写真

    横から姫美人錦を見た写真です。横から見ると、葉の裏側がキレイな斑入りとなっているのがわかります。

    『姫美人錦』を横から見た写真


    姫美人錦の部分写真

    全体写真の次は、姫美人錦の部分写真を見ていきましょう。まずは強く斑入りになった部分の写真です。葉が全体的にキレイに斑入りとなっています。

    『姫美人錦』の強い斑入り部位写真

    窓の中に入る筋もキレイに白色になっていますね。

    『姫美人錦』の窓写真

    強い斑入りの葉もありますが、キレイに筋状に斑入りになっている葉もあります。強い斑入り葉ばかりの植物体もいいですが、こういう葉がないと葉緑素がなくて生育が困難になって今います。

    『姫美人錦』の斑入り葉写真

    そしてちょっと花芽も出てきていますね。この花を交雑用に使いたいものです。

    筋状の斑入り葉を拡大するとこのような感じです。窓のラインがあまり白くなっていないために上から見るとイマイチかもしれませんが、斜めや横から見るとキレイなものです。

    筋状に斑入りな『姫美人錦』の葉写真

    『姫美人錦』を鉢から掘り起こすと、根元から芽がいくつか出てきていました。葉挿しで増やそうかと思いましたが、これならば子株を増やして行ったほうがよさそうな感じですね。

    『姫美人錦』の発芽写真

    根の状態は以下のような感じでした。古い根はカットされていますが、新しい根が元気よく出てきています。結構強い品種なのかもしれませんね。

    『姫美人錦』根の状態写真

    まとめ

    ピグマエア』が好きなら、ちょっと変わり種の『姫美人錦』もオススメです。

    普通のキレイなピグマエア錦はちょっと高くても『姫美人錦』なら意外と手の届く価格ってところも助かる点です。

    交雑の親として利用してもおもしろそうですし、見た感じ増えやすい感じもします。ですので持っておいて損はなさそうですね。