アクアポニックスって知っていますか? 植物と魚を同時に育てることができるシステムです。

ちょっと植物は根腐れしやすい物を避ける必要性がありそうですが、面白そうなので家庭用のアクアポニックスの種類と価格をちょっと調べてみました。

アクアポニックスとは?

アクアポニックスとは魚と植物を同時に育てる循環式のシステムです。

魚の廃棄物を微生物が分解し、植物の栄養になる。そして植物が水質を浄化して魚がよく育つなど、いい循環環境になるようです。

間引いた植物などもうまく魚の餌にもできたらさらにいいですね。

こういうのが進化すればそれだけで自宅である程度食糧生産ができ、食費を抑えるとともに物流量の低減などのメリットもありますね。

ある意味究極の地産地消かもしれません。

家庭用アクアポニックスの機材

現在どのような種類の家庭用アクアポニックスが販売されているのか調べてみました。

まだまだ現在の状況だと、家庭用は安全性の面からも観葉植物の栽培のみにしておいたほうが無難かもしれません。薬味系の野菜やハーブならいけるかな?

安い家庭用アクアポニックス

安いアクアポニックスを求めているなら寿工芸のスクエアポットがオススメです。また、丸型のラウンドポットも販売されています。

中間価格の家庭用アクアポニックス

もう少しお金を出してもいいというのであればアクアスプラウトがおすすめ。50Hzと60Hzに別れているので、地域に応じて購入してください。

高価格の家庭用アクアポニックス

高価格帯の家庭用アクアポニックスと言えば『brio(ブリオ)』です。こちらも周波数に注意して購入する必要性があります。

アクアポニックスの苔対策

どうしても光が入る水槽には藻や苔などが生えてきます。その対策として水槽を清掃したり、フィルターで水に含まれる藻を取り除く必要性があります。

ですが、アクアポニックスなら苔を食べる魚やエビを入れて対応することができます。

まとめ

家庭で試すアクアポニックスなら食用のものを試すのはやめておいたほうがよさそうですね。観葉植物や香りを楽しむハーブ類、例えばレモン系のハーブなどを植えたりするのがよさそうです。

⇒💧【多肉植物】エケベリアの水耕栽培に挑戦

⇒🌵ハオルチアの水耕栽培

⇒🌿レモン系ハーブの種類と栽培メモ

今は観賞用として楽しみ、Iotの技術が進んで生産技術が改良されてから食用のものに挑戦したほうがよさそうですね。今は食用作物を室内で栽培するなら、おしゃれな水耕栽培キットを用いるのがよさそうです。

→🌿🌿室内で収穫できる家庭用水耕栽培キットの種類