肥料の写真

多肉植物に使いたい肥料(液肥)などと土壌改良剤についてまとめてみました。植物全体の肥料については以下にまとめています。

家庭菜園に使用する肥料の種類

多肉植物に使いたい肥料

多肉植物は急に肥料を効かせるのはあまりよくないです。ゆっくりと肥料成分を聞かせるタイプの肥料がおすすめです!

マグアンプK(大粒)

植えつけ、植え替え時に培養土に混ぜ込むだけで、約2年間の間ゆっくりと溶け出す肥料です。ですので、多肉植物でもある程度大きくなって植え替える必要性のない大きさになってから使用するのがおすすめです。

マグアンプK(中粒)

植えつけ、植え替え時に培養土に混ぜ込むだけで、約1年間の間ゆっくりと溶け出す肥料です。ですので、購入したばかりの苗木を植え付ける時に使用するのがおすすめです。

マグアンプK(小粒)

根元にばらまくと、約2ヵ月の間ゆっくりと溶け出す肥料です。ですので、根が出たばっかりの葉挿し苗や、挿し木苗に使うのがおすすめです。

スーパーロング 413

JAで販売されている遅効性肥料です。一部の多肉植物栽培家が使用しているようです。ネットなどでの購入が難しいので、最寄りのJAに取り寄せれるか確認するのが一番です。

多肉植物に使いたい液肥

ふつうに鉢植えの多肉植物に与えてもいいですが、水耕栽培の多肉植物に肥料成分を与える時には液体肥料を使うしかないですね。私もエケベリアの水耕栽培ハオルチアの水耕栽培で使っています。

ハイポネックスキュート 多肉植物用

ハイポネックスからいろいろな液体肥料が販売されていますが、多肉植物用の液肥も販売されています。

Plants food(ウォータースプレー)

スプレータイプの活力剤です。葉っぱにかける表面散布用の資材となっています。

多肉 エアプランツの活力

『多肉 エアプランツの活力』も表面散布用の活力剤です。ミネラルなどの栄養分が含まれています。

土壌改良剤

土壌を清潔にして根腐れを防いだり、微量元素の補給などのために土壌改良剤は加えたほうがいいですね!

ミリオンA

秋田県の八沢木で採取される珪酸塩白土。それを土壌改良剤と販売しているのが『ミリオンA』です。不純物の除去とミネラル補給に役立ちます。根腐れ防止にもなります。

ハイフレッシュ

粉末タイプの珪酸塩白土です。

天然ゼオライト

沸石類と呼ばれる多孔質の天然石です。しかし、加工して作られたタイプのものもあります。珪酸塩白土と同じように不純物質を吸着します。しかしミネラル補給としてはあまり効果がなさそうです。

まとめ

多肉植物に使用する肥料はゆっくり長い時間効果が出る遅効性の肥料がいいですね。また、液体タイプの肥料も販売されているので、多肉植物の養液栽培に挑戦している人にはおすすめです。

また、多肉植物に使いたい培養土や培養土の素材成分、植物全般の肥料に関しては以下のところでまとめています。

多肉植物用培養土の種類

家庭菜園に使用する肥料の種類