ブラックテオーサ 斑入り 白覆輪(bracteosa variegated)

前回、アガベアテナータ白覆輪の葉挿しを行いました。

今回は、トゲなしで斑入りのアガベの『ブラックテオーサ 白覆輪 (Agave bracteosa marginata)』の葉挿しと地植えを行ってみようと思います。

ブラックテオーサとは?

ブラックテオーサとはアガベの細葉系の品種です。それの白覆輪タイプのものを購入してみました。

葉が多くなり、クルクル巻いてくるとかなりカワイイ感じになります。あと、この品種のいいところは耐寒性が高いところですね。

斑入りなので少し弱くなっていると思いますが、斑入りでないものは−8度程度まで耐えるようです。寒さに強い多肉植物はいいですね!

ブラックテオーサ 斑入り 白覆輪(bracteosa variegated)

また、葉裏までしっかりと斑入りなので、葉を広げるのではなくしぼった形もキレイです。なので、ちょっと試しに上で葉をまとめてみました。

けど、元に戻すと太い葉はシワになってしまいました。

ブラックテオーサ 斑入り 白覆輪(bracteosa variegated)

多肉の太い葉はこういう時はちょっと不便かもしれません。やるなら若い葉の段階で上部にまとめていった方がいいですね。

ブラックテオーサの葉挿し

葉挿しと地植えを行うために、植物を鉢から取り出しました。ちょっと根が少ないですね。地植えで耐えれるだろうか。

ブラックテオーサ 斑入り 白覆輪(bracteosa variegated)

根元の拡大はこんな感じ。一番下の葉を外していきます。

ブラックテオーサ 斑入り 白覆輪(bracteosa variegated)

今回は試しなので、1枚だけとってみました。

ブラックテオーサ 斑入り 白覆輪(bracteosa variegated)

拡大写真を見てわかるように、薄く一部だけ本体にくっついている感じでした。

ブラックテオーサ 斑入り 白覆輪(bracteosa variegated)

とりあえず鹿沼土に挿してみました。ちょっと発芽は難しそうな感じです。

ブラックテオーサ 斑入り 白覆輪(bracteosa variegated)

様子を見ていましたが、黄色に変色しだめになってしまいました。温度がある時期に植物ホルモンを使用してやらないと無理がありそうですね。

植物ホルモンの種類と多肉植物への使用例

ブラックテオーサの葉挿し変化写真

ブラックテオーサの地植え

地植えは、少しぐらい土壌改良剤を使おうかと思いましたが、とりあえずそのまま植え付けて様子を見ることにしました。

軽く植え付ける場所の周囲を掘り上げます。

ブラックテオーサ 斑入り 白覆輪(bracteosa variegated)

ブラックテオーサを植え付けます。

ブラックテオーサ 斑入り 白覆輪(bracteosa variegated)

水をかけながら土壌を固め終了です。遮光なしでいけるかどうかちょっと試してみようと思います。

ブラックテオーサ 斑入り 白覆輪(bracteosa variegated)

夏になりましたが順調に育っています。斑入りで光に弱いかなと思いましたが、なんとかなりそうな感じです。

夏のアガベ写真

まとめ

今回は『ブラックテオーサ 白覆輪』というアガベを植え付けましたが、斑の入り方がことなる種類もいろいろあるようです。

これは室内に置いても良さそうな感じですし、いろいろ探してみたいなぁ。

まずはトゲなしで斑入りのアガベを地植えしてみたけど、これをそのままで地植えに耐えれるか確認していこうと思います。ダメだったら遮光しますね。