モバイル端末の写真

テレビを見ない生活にして早くも10年近くになっています。

以前はテレビがない生活なんて考えれないと思っていたけど、逆に今はテレビをなぜ見るんだろうってぐらいの気持ちです。

そんなテレビを見ないことによるメリットやデメリット、そして自由な時間が得られることによる効果をまとめました。

テレビをなくすことによるメリット

テレビをなくすことにより私が得られると感じたメリットを以下にまとめます。個人的な部分もあると思います。

惰性でテレビを見ることがなくなる

とりあえず暇と感じたらテレビをつけてしまう。それはそれでいいのですが、その時間をいろんなことに回せます。

ネット上で配信されているテキストや動画であればCMもなしか、最低限に抑えられられます。また、動画は倍速機能で早く情報を得ることも可能です。

ネットの方が情報が早い

基本的に情報の速さはネットの方が上です。ただ、テキストは早いけど、動画に関してはテレビより遅れることがあります。

動画を見るよりテキストでさっさと情報収集を終える方こちらの方がおすすめです。

しかし、いろんな情報が飛び交うネットですので、しっかり情報収集先を見極めないと間違った情報もテレビより多いので注意が必要です。

選択して情報を得られる

テレビだと幅広い情報が流れています。そしてそれはチャンネルとしていくつか選択できますが、基本的に一方的な情報です。

しかし、ネットであればほとんどの場合、すぐに欲しい情報を手に入れることができます。

いい情報は有料だったりしますが、そこはそれ以上に有益だったり、間違った情報を避けるために必要な投資だったりします。

テレビでもいい番組をみるために有料チャンネルなどがあるのと同じものだと思います。

テレビの経費が節約になる

テレビって意外とお金がかかるものですよね。テレビも高価なものは何十万円もしますし、大型のものだとテレビを設置する台の購入も必要です。

さらに、受信ためのアンテナやケーブルテレビなどの契約など、ものだけでなくいろいろな契約が必要になってきます。

それであれば生活に必要なスマホやパソコンなどで必要な情報を得てテレビがわりにした方がお得です。

アニメやドラマが見たくなっても、最近ではgyaoなどの無料配信で動画は見えます。そして、最近では有料だけどいろいろな映画やドラマなどが見える、以下のようなサイトも出てきてます。

Hulu

自由な時間ができる

テレビで消費していた時間を使うことにより、いろんなことができる自由な時間ができます。

すでに満足している生活であれば問題ないです。しかし、さらなる改善・ステップアップしたい人は、時間を生み出せばいろんなことに挑戦できます。

読書に時間をあてる

ネットの時代でも読書はオススメです。ネット上で書籍が購入して読める時代でもありますしね。

読書のいいところはきちんと著名な方の情報がまとまって書かれているところです。

書籍化されるまで時間がかかるため最新の情報というわけには行きませんが、それでも考え方や概念などをつかむには非常に有益です。

文字だけの本を読み始める上で一番失敗しやすいのが、まず最初に頑張ろうと思って本が厚く難しいものに挑戦してしまうことです。

まずは興味がある分野で薄いもの、または本屋でパラパラっと見て読みやすいと思うものを購入するのがオススメです。

そうして1年に5〜10冊程度から初めて100冊程度を超えるようになってくると、本屋でパラパラっとみるだけで読むべき価値がある本かどうかわかるようになってきます。

そうなると買って失敗したなってこともなくなり、読書がどんどん好きになっていきますよ。

趣味に時間をあてる

読書も趣味の一つですが、それだけでなく行動的な様々な趣味に時間をあてることもできます。

私の場合は趣味の植物栽培に時間をあてるようになりました。最近は小さくてキレイなエケベリアにはまっています。

エケベリアの品種と栽培

このサイトでも植物の情報を公開していますが、どんどん探求していくとネットワークが増えていろんなメリットがありますよ。

キャリアアップに時間をあてる

できた時間を仕事のキャリアアップにあてるのが大人のやり方ですね。なんだかんだ言っても仕事が大事です。

英会話学習に時間をあてる

やはり英語ができるとキャリアアップの幅が広がります。転職の場合、資格を取得していても経験がなければあまり意味がなかったりします。

ですが英語はテストでいい点数を取るだけでそれなりの評価となります。今ではどこにいても英語学習ができるのでおすすめです。

趣味にも役立つネットのオンライン英会話&英語教室

もっと早くに英語の勉強を始めるべきだったなと思いました。

資格取得に時間をあてる

すでにその分野の経験があるのであれば、キャリアアップのために資格取得をする価値が大いにあります。

特に一定以上の経験や、専門性のある学校を出ていないと受験資格がない資格などは需要が多いのでオススメです。

ただし、関係のない資格をとってもキャリアアップに繋がらないので注意が必要ですね。

私も過去就職のために無駄に資格入手をしましたが、経費がかかるので意味がなく、やめてしまった資格もいくつかあります。

セミナー受講に時間をあてる

意外と会社員の方って普通のビジネスセミナーなどのイベントに参加している人が少ないことに驚きました。私はこれに一番時間を使いました。

一般的な会社員としてプラスになる基礎情報から高度な技術情報まで、意外と安い金額で参加でき聞くことができます。

こういうのに参加すると、下手すると意識高い系とかわけのわからないこと言われますよね。社会人としていろんなスキルは必要だと思うのですが。

そして、そいうところでいろんな方と知り合うことはのちのち力となります。

ですが、参加しても営業などを受けるだけで終わってしまわないように、有料でもしっかりとしたセミナーを受けることをオススメします。

休息も大事!

時間があればいろんなことができますが休息も大事です。無理しすぎないよう時にはゆっくり休みをとりましょう。

時間があったら陸の孤島と呼ばれる自然ゆたかな紀伊半島にでも遊びに来てください。最近は道路が整備されてよくなりましたよ。

紀伊半島の海が見える食事場所

テレビがあるといい点

私はテレビないほうがいいと思う派ですが、逆にテレビがあることによるいい点がどれぐらいあるか考えてみました。

まだまだテレビの影響力が大きな社会です。なくてもいいとは思いますが、あれば確かにいろいろいい点がありますね。

テレビを見ている仲間が多い

やはりまだまだテレビを見ている人が多い社会です。ですので、テレビをよく見ている方々との雑談などが多い方は見ておいたほうがいいですね。

特に学生さんや営業さんなど、いろんな人と合う場合はいろんな雑談ができた方がいいですよね。

考えなくて済む

昔テレビが会った時は、手が空いたらぼーっとテレビを眺めている時間が多かったです。

何もやらないことはよくないですが、ただテレビを眺めて何も考えずリラックスできる時間は精神的にもよかったですね。

幅広い情報が入る

ネットだと意識しないと興味がある情報ばかりを見てしまいます。広告もその人に応じた広告が配信されますし。

ですが、テレビだと幅色いCMが流されていたり、いろんな情報が流れます。ネットより情報が遅い場合も多いですが、それはメリットでもあります。

まとめ

テレビを無くした方が自分自身のスキルアップには有益と思います。しかしながら、営業さんなどいろんな方と話をする方は雑学収集のためにあったほうがいいですね。

また、きちんと時間配分ができる人であれば無駄にテレビに時間を取られることはなさそうですね。

ですが、私はテレビをやめて他のことにすべて時間を使うようにしました。その結果、人生においてかなりの効果があったと思います。

私はテレビがあったら見てしまうと思うので、今後も購入する予定はありません。自分にあった形で生活周りをきちんと整えて行きたいですね。