アイスプラントの写真

無農薬栽培や、有機栽培で育てられた野菜などの農産物って健康的な感じがしていいですよね。けど、そういうものってどこで購入すればいいんだろう?

そう思った時にオススメの購入方法を、田舎と都会で別々にまとめてみました。

直売所を利用する方法

農家や兼業で農業をやっている人が直売のため野菜を置いているところがあります。無人市と呼ばれる小さな出店のようなところや道の駅と言われるお店ですね。

オススメは道の駅ですね。冬場ならいいけど、暖かくなってくると痛みが出てしまうので、しっかりと温度が保たれる室内型の直売店で購入するのがオススメです。

私も仕事で出かけていた時は土日に直売所まで出かけていろいろ野菜を買っていました。

直売所でいいのはいろんな種類の野菜が買えること。アイスプラントまであって驚いたことがあります。

アイスプラントの写真

その他にハーブ類や農産加工品などいろんな農産物があるので、近くに直売所がある人はぜひ行ってみることをオススメします。

ハーブの写真

直売所のいい点

直売所のいいところは基本的に収穫された野菜などは時間をおかずに並べられているというところですね。普通、簡単に見ても消費者の手元に野菜がくるまで、以下のように大きな時間を失ってしまいます。

収穫⇒選果場⇒市場⇒スーパー⇒消費者

そして、そうなると防腐剤などの使用も必要となってしまいますよね。そして何より鮮度が落ちてしまい、栄養価が低くなってしまうのも困り者です。

また、生産者がわかるためちょっと聞いてみたりする必要性はありますが、無農薬や低農薬で栽培しているものを選んで購入することが可能です。

直売所の困った点

さすがに都会では直売所は見当たりません。遠くまで出かけて購入するのもいいですが、ガソリン代や時間を考えると都会の人は宅配サービスを利用するのがオススメです。

無農薬・減農薬野菜などの宅配

田舎に住んでいたり、田舎の近くで安く新鮮な野菜などを栽培方法まで検討して購入できるのであれば何も問題ないです。

ですが、街中でこだわりの生産者の農産物を購入しようとするとなかなか大変です。そういう人には宅配が便利です。

『オイシックス』や『らでぃっしゅぼーや』などの有機栽培・減農薬栽培されている作物であれば、大手ですので安心感があるのでいいですね。お得なお試しセットなどもあるので、参考までにまとめておきますね。

プレゼントがうれしい

らでぃっしゅぼーやは資料請求で食材がプレゼントされます。少し請求作業は面倒ですけど、これならお金のリスクがなく試せます。

今なら!資料請求で『濃い野菜』GET♪

また、入る時期にもよると思いますが、気に入って登録して最初の四週間は少しお得なメリットがあったりするようです。

厳選食材宅配 らでぃっしゅぼーや

お試しセットがお得!

オイシックスはお試しセットとして季節の野菜を安く購入できます。試すのにお金を使いたくない人はダメだと思いますが、かなりお得な買い物だと思います。

送料無料の「お試し野菜セット」が1,980円から!

オイシックスが気に入ったら定期会員もあるようです。ただ、これはしっかりお試しセットなどを試して、買い物に行く時間や手間の無駄をはぶくメリットなどが十分あるか検討してからのほうがよさそうですね。

【大地宅配】定期宅配サービス

ポイント活用して無農薬野菜を購入

アマゾンや楽天でポイントがたまっている人はいろいろ選んで購入するのもありですね。

野菜洗浄剤で農薬落とし

減農薬栽培で大丈夫だろうと思っていても、なぜかどうしても残留農薬が気になる。また、無農薬野菜は都会で買うと高いと困っている人には農薬を落とすスプレーも販売されています。

【すっきり洗菜ベジシャワー】

簡単に野菜洗い!veggy アルケミー

アマゾンや楽天でも様々な野菜洗浄剤が販売されています。

少し調理前に手間となりますが、こういうのもいいですね。

レシピと写真撮影

新鮮で取り立ての野菜や無農薬の野菜などを購入したら次は料理ですね。いい素材を購入して自分でいろいろ料理に挑戦してみると面白いですよ。

私も以下のように時に失敗しながら料理を続けてます。しっかりレシピを見て料理すべきですね。

料理の写真

レシピサービスは無料の調理サイトをみるのもいいけど、レシピ・クーポン見放題の「dグルメ」などもおすすめ。

レシピ・クーポン見放題「dグルメ」

クックパット有料版の殿堂入りレシピや食べログ有料版のレストランランキングなどもみることができます。

出張写真撮影サービス

また、料理や素材の撮影を行いたい場合、プロにお願いするのもありです。ただ、これは消費者じゃなく販売者側の人にオススメのサービスです。

fotowa(フォトワ)

アマチュアが撮影したものより、消費者のことをしっかりわかっているプロにお願いした方がいいです。

まとめ

田舎は直売所を利用、そして都会では宅配サービスを利用するのがいいですね。ですが、忙しい人はいろいろ宅配サービスを試して定期的に配送してもらった方が楽です。

仕事帰りにいろいろ買い物して帰るのってとっても疲れますよね。

また、もし家庭菜園で無農薬栽培や有機栽培しようとする人のために以下に農薬や肥料のリンクを載せておきますね。

無農薬では厳しいと思った時は有機栽培でも大丈夫と言われている農薬を使用するのがおすすめです。

家庭菜園や多肉植物に使用する防除資材

また、肥料は発酵鶏糞などが安いですが、あまりに安いものは完全に発酵しておらず、匂いは出るし植物の根っこを痛めたりします。自分が食べるものですからしっかりいい肥料を使いましょう。

家庭菜園に使用する肥料の種類