履歴書の写真

就職・転職活動でまず必要となるのは履歴書ですよね。昔は手書きが必須と言われていました。

ですが、現在はパソコンでも可というよりも、パソコンで作るのが主流のようですね。便利なサイトもいろいろ出てきているようです。

ネット上で作ってしまえばデータが残るので変更などの時にも一から作る必要性がなくて簡単で便利です♪

ここでは写真も取り込めるオンライン履歴書作成サイトや職務履歴書の作り方や注意点などについて説明しています。

履歴書をネットで作成しよう!

履歴書の書き方の注意点のサイトを探していると、ネット上で履歴書が作成できるサイトがあるという情報を見つけました!

いいテンプレートがあればいいけど、持っていない人からするとそういうサービスは非常に助かります。さすがにいまだに手書きの履歴書必須っていう企業は少ないとおもいますし。

そう思い、ネット上で履歴書を作成できるサイトをいろいろ探してみました。

手書き履歴書の欠点

履歴書を手書きすると、頑張った感じがでるかもしれません。だけど、文字が汚い人だと逆にマイナスイメージを持たれてしまいそうで怖かったりもします。

読む側も汚い字を読み取るのは大変でしょう。

あと、間違ったら最初からやり直しするしかなく、紙資源の無駄と時間の無駄遣いになってしまいます。

エコじゃないよね!

というわけで、今回は『キャリアインデックス』というサイトを使ってみました。

履歴書だけを作るのであれば色々なサイトがあったのですが、

『ハローワークを含む主要転職サイトの求人応募にそのまま使えます』との言葉にひかれて登録することにしました。

・キャリアインデックス(career index)

履歴書作成時の注意点!

簡単に履歴書が作成でき、それをPDFでダウンロードできます。

また、写真貼り付けができない履歴書作成サイトもありますが、ここは写真も簡単にアップロードして貼り付けでき非常に便利でした。

ただ、ちょっと気になったところがありました。

履歴書作るだけなのに、色々記入しなければいけないところが多いです。

また、登録時に色々な転職サイト紹介があります。適当にチェックを入れて進めていると、どこに登録したかわからなくなってしまいました。

選択肢が広がるのはいいんですけど、きちんと考えて登録しないといけないですね。

履歴書と職務履歴書について

履歴書はネット上で簡単に作れる時代ですが、転職となると今までの仕事の経験を書いた職務履歴書が必要になります。

こちらのほうもテンプレートがネット上で落とせます。

しかし、職務履歴書を自分で書くのはなかなか大変です。

ですので転職エージェントがいるところに登録して、添削してもらうのがおすすめです!

リクルートエージェントやDUDAが有名なところですね。

私はリクルートエージェントに登録した時に作成した職務履歴書を、少しづつ改変しながら使用しています。

一度登録して作成してしまえば、ずっと何かあった時に使えるのでおすすめです。

まとめ

履歴書はネット上で作成し、職務履歴書はエージェントサービスを利用して作成するのがおすすめです。できたら履歴書も一度目を通してもらったほうがいいですね。

うまく利用させてもらえるものは利用させてもらい、有利に転職活動を進めていきたいですね!

外資系企業を狙っている方はしっかりと英会話の勉強もしておきましょう。

⇒🗣どこでもできるオンライン英会話教室

また、就活・転活中の人には以下の記事もおすすめです。

→🚆高額な遠距離の交通費を安くする方法

→無料でワード・エクセルなどが使えるOffice online!

⇒💼無職中に就活しながらできる仕事の探し方

あと、就職が決まるまではネットも節約していきたいって方には以下の記事がおすすめです。

⇒📱【田舎でもOK】おすすめの安いネット回線接続