分子調理機器であるエスプーマの写真

分子調理(分子ガストロノミー)ってなんか面白そうですよね。科学的な響きがなんとも理系ゴコロをくすぐります。

人によって分子調理の範囲が違うような感じもしますが、私が思う面白そうな分子調理の器具やキットをまとめました。

泡化

普通であれば泡にならないものを粘性のあるものを添加し、ガスを加えるなどして泡化します。機器はエスプーマと呼ばれる機材が一般的に使われます。

エスプーマは亜酸化窒素ガスを使用するため家庭用として使用できません。しかし、炭酸ガスを使用するスパークリングエスプーマは家庭で使用できます。

スパークリングエスプーマは内部にフルーツを入れて炭酸フルーツも作れます。器具以外にソーダサイフォンの購入が必要ですが、面白いですよ。

真空包装機

安い真空包装機だと空気を抜くぐらいですが、高級なものになると浸透圧効果で内部に液を一気に浸透させたりできます。

商業的に浅漬けを作ったりするのに使われますね。ただ、ここまでできる機器になってくると値段がかなり高くなります。

真空調理するだけで安く済ましたいなら、DUCKYがおすすめです。半自動のため面倒な点はありますが、きちんと水抜きできますし、何より専用パックを買わなくていいのがメリットです。

⇒🍡食品の長期保存に家庭用真空パック器が便利!

ランニングコストが安くなるし、見た目に美しい彊美人とか使えるだけで違いが出ます。私もコレを使ってます!

真空調理

プロなら真空調理に使うのは環境をしっかり制御できるスチームコンベクションオーブンでしょう。

焼き物系に強いオープンシステム系(例、ラショナル)と蒸し物系に強いクローズドシステム系(例、マルゼン)があります。

けど、正直こんなの高くて買えないって人が多数でしょう。単純に真空パックして低温調理するだけならこちらの商品が安いです。

この機械でお湯を一定温度にして真空パックしたものを入れておくだけで低温調理ができちゃうんです!

香りづけ

くんせいを作るのではなく、匂いだけをつけたいのであればスモーキングガンがいいです。食材に様々なスモーク臭をつけるだけでなく、ドリンクにも香りづけすることが可能です。

酵素を使った食品の貼り付け

トランスグルタミナーゼ(簡単にいうとタンパク質同士をくっつける酵素)という酵素を使って食品を接着することができます。

ただ、個人的に購入はできないので個人で楽しむことはできないようです(アメリカからアクティバという商品名で購入できるという情報もありますが。)。

ゲル化

アルギン酸ナトリウムなどを使って液体をゲル化したりすることができます。だんだんと分子調理に興味を持った人にはちゃんとした実験セットが販売されています。ちょっと高いけどね。

いかがだったでしょう。ときにはこういった実験じみた調理も面白いのでは? ぜひ気になったら挑戦してみましょう!