キレイなお皿が一枚あるだけで、お菓子やケーキを食べるときにおしゃれな感じにできます。そう思い、初めて購入したのが『リチャードジノリ』のお皿でした。

そんなリチャードジノリの簡単な説明と、どんな感じの食器があるのかを簡単にまとめました。

リチャードジノリ(Richard Ginor)とは?

リチャードジノリはイタリアの総合陶磁器メーカーです。ジノリの始まりはドッチァ窯が作られた1735年がスタートなのですが、リチャードジノリが設立されたのは1896年になります。

一度はなくなりかけたけど

一度、リチャードジノリは生産を中止してます( 2012年)。そして、2013年には経営破綻してしまいました。

しかしながら、グッチの傘下となり、再スタートが切られました。ちょっと購入をどうしようか考えた時期もあったけど、安心して購入できる状態になりました。

リチャードジノリの製品

リチャードジノリも色々な商品があります。いくつかあげておきます。

ベッキオジノリホワイト

ベッキオジノリ ホワイト(Vecchio Ginori White)。略してベッキオホワイトとも呼ばれます。シンプルで美しいデザインです。

イタリアンフルーツ

イタリアンフルーツ(Italian fruits)はフルーツや花の絵が書かれた食器となっています。

コンテッサ

白と多色との組み話合わせがしっかりとしているコンテッサ(Contessa)です。

まとめ

いいお皿があるだけで、おかずだけじゃなくスイーツを食べる時にも役立ちます。サビ取りしながら長く使えるキレイなシルバー製のカトラリーや、うつくしいバカラグラスなどとセットにして使いたいものですね!