羽毛布団とマクラの写真

パソコンを長時間使ったり、細かな作業をずっと続けていると肩こりがけっこうひどくなっています。

肩こりについて色々みているといろんな対策があるけど、人目につくところで色々やるのはちょっと無理があります。

ですので、眠っている時間の肩周りにかかる負担を下げるためにマクラの買い替えを検討しました。眠っている時間って長いですからね。

まず自分にあったマクラを探すため、マクラの素材やどんなマクラが販売されているかを調べました。意外とマクラの種類が多く、値段も幅が大きかったです。

マクラの素材と代表的な商品

マクラの素材にはいろいろなものが使われています。それぞれの素材の特徴と、代表的な商品などを以下にまとめました。

低反発素材のマクラ

低反発素材で有名なのは低反発ウレタン素材の『テンピュール』ですね。低反発でゆっくり沈み、包んでくれる感じなのがいいところです。

ちょっと気になるのは温度が低いとかたくなってしまうこと。冬場に暖房をつけて寝ない家庭であればちょっと硬さが気になってしまうかもしれません。

高反発ウレタン素材のマクラ

低反発とは逆に、高反発のウレタン素材もあります。有名なのはマニフレックスの素材である『エリオセル』

体圧を分散してくれながら通気性もいいのが特徴ですね。

高反発ラテックス素材のマクラ

天然のゴムを使用した『ラテックス素材』のマクラは環境にも安心ですよね。

このラテックス素材マクラのいい点は気温の変化で柔らかさが変わらないところです。これって意外と重要なポイントなんですよね。

高反発ファイバー素材のマクラ

高反発素材でもう一つあるのが『高反発ファイバー』のマクラ。このマクラの高反発ファイバーはポリエステル製で丸洗いできるのがいい点ですね。

そば殻素材のマクラ

そば殻を使ったそば殻マクラは頭の形にしっかりと形が変わるのがいいところですね。

植物素材なので、虫がつく可能性があるところに注意が必要です。

籐(トウ)で作られた籐枕

籐(トウ)はラタンとも呼ばれるつる性の植物です。見た感じが竹のような素材ですね。

軽くて通気性がいいのが特徴ですが、カバーをつけないと髪をはさんだりしてしまうことがあるので注意が必要です。

高級感ある羽毛マクラ

一流ホテルなどでよく置かれているのが『グースの羽毛マクラ』ですね。やっぱり高級感がありますよね。羽毛ぶとんとセットでそろえたいものです。

羽毛マクラと羽根マクラの違い

ダウンの比率が50%以上ないと羽毛マクラになりません。羽毛マクラは羽根マクラに比べて高級な商品なんですね。

安くてもダウン比率が低い羽根マクラを購入してしまうと、羽根が当たる感じになってしまって寝心地が悪い可能性があります。

とは言ってもダウンだけだと通気性や支えがなくなるので、羽根(フェザー)20%・ダウン80%程度のものがよいようです。

ダウンとフェザーの違い

フェザー(羽根)は中心に軸が入ったよく見かける羽根ですね。そしてダウンは中心に軸がなく、ふわふわの部分だけでできています。

これを知らないとちょっとわかんなくなりますよね。あとは羽毛には『グース』『ダック』がありますが、グースの方が密度が詰まっていて上質ですのでこちらを選びましょう。

用途別のマクラ

上記ではマクラの素材を中心に見てきましたが、用途別にマクラを探す必要性もありますね。用途別で使い分けたいマクラをまとめました。

横向き用マクラ

眠り方は人それぞれ。横向きで眠る方もかなり多いのではないでしょうか? そんな横向きで寝る方にあったマクラが販売されています。

携帯用マクラ

旅や長距離の移動には睡眠をとりたいもの。そんな時は携帯用のマクラが便利です。空気式だと少し面倒ですが荷物にもならないのでいいですね。

肩まで支えてくれるマクラ

マクラと言っていいものかわかりませんが、首から肩まで支えてくれるタイプのマクラです。

返金保証もあるし、肩こりに困っている人にはこれが一番いいかもしれませんね。私はこの商品の購入を検討しています。

まとめ

マクラにもいろんな素材や種類がありますね。知れば知るほど頭に合うマクラが必要なんだなって思いました。

また、どうしてもマクラが合わないって方には値段が高くなりますが、頭の形状などを測定してオーダーメイドでマクラを作成してくれるお店もあります。

楽天などでチケットを購入し、ポイントを得ながらお得に購入するのも一つの手ですね。

あとは、しっかりとしたマットレス羽毛ぶとんをそろえればゆっくりいやされる空間にできると思います。