口臭対策の写真

会議や面接、その他イベントなどでいろんな方に会うときに注意したいのが口臭です。口臭の怖いところは自分ではなかなか臭っているのが気づけないところです。

大事な時のために口臭を確認する道具や、口臭を抑える方法などについて調べてみました。大事なチャンスは必ずつかんで行きたいですよね。

匂いが確認できるにおいチェッカー

口臭って自分ではわかりずらいし、周りの人に聞くのもよくないですよね。そんなときに役立つのが機械で測定できる『においチェッカー』。

これで、周りに確認せずともにおいがするかどうかがわかります。外出前に確認するだけでなく、ポータブルタイプなので外出先に匂いがするものを食べた時などにも役立ちますね。

舌洗いの道具

鏡で見るとわかりやすいのですが、舌の上には結構汚れがついています。これは『舌苔(ぜったい)』と呼ばれるもので、口臭な主な原因といわれているものです。

これを取り除いて舌をキレイにするには、舌専用のブラシとジェルがオススメです。硬い歯ブラシでみがいて舌を傷つけるのはよくないですからね。

すぐに対応できる口臭対策

匂いのあるものを食べたりなどして、どうしてもすぐに口臭対策したくなったときにはガムやブレスケアのような食べるタイプのものがあります。けど、一番持ち運びが楽なスプレータイプが個人的にはオススメです。

国産の電動歯ブラシ

口臭を抑えるためにしっかり歯をみがこうとすると、だんだんと手が疲れてきます。ですので電動の歯ブラシを探していました。だけど海外の電動歯ブラシはサイズが合わないのが不安だったので、国内のメーカーを調べてみました。

そうすると、パナソニックとオムロンが有名でした。高い価格帯はパナソニック、安価なタイプはオムロンといった感じです。

口の中に入れるものですから、安価な製品を買うよりも、高価なパナソニックの製品の方がよさそうですね。

歯磨き粉の種類

歯磨き粉って悩みますよね。私は有名な『GUM』と、歯を白くするらしい重曹入りの『歯磨撫子』を使っています。いいところは両方どりしていきたいです。

他にもいろんな種類があるので、また時間があるときに調べてみようと思います。

まとめ

意外といろんな種類の口臭対策があることがわかりました。口臭は目に見えないし、気づきづらいけど周囲に与える迷惑度はかなり高いです。

自分自身のチャンスを逃さないためにもしっかりと口臭対策をおこなって行きたいものですね。