海の見える食事処

紀伊半島はかなり道が整備されてきたので、ちょっと気晴らしの旅に出かけて海をみながら食事できる場所を探してみました。

ちなみに紀伊半島とは名古屋と大阪の間から下に出っ張っている部分の南側部分を言います。県レベルで言うと、三重県・奈良県の南部、そして和歌山市など一部を除く和歌山県が含まれます。

熊野市編

熊野市で海を見ながら食事するなら鬼ヶ城センターの『リストランテ・マリーナ』がよかったです。室内でも食事できますが、雨が降っていないならオープンテラスの席で風景を楽しみながら食事するのがいい感じです。

鬼ヶ城センターの食事写真

また、熊野市特産の新姫バーガーなどのテイクアウト品が外の売店で購入できます。鬼ヶ城の観光は無料なので、ちょっと軽食をとって休憩がてら観光するのもいいですね。

鬼ヶ城の入り口写真

この岩肌の感じがすごいです。

鬼ヶ城の内部写真

また、花の窟神社や、その付近の42号線には駐車スペースがあります。その辺に車を止めて海に行くのもありです。

海と切り立った岩壁が見える感じが結構好きです。仰向けになって空を見上げると時々鳥が飛んでいます。

熊野市の海と岩壁写真

そして、七里御浜と呼ばれる砂利浜が見えます。砂利浜って意外と日本じゃ少ないみたいですね。

熊野市の浜写真

ちょっと付近のお店で飲み物と団子を購入して行くのもいいですよ。私はイオンで買い物ついでに行くパターンが多いです。

団子写真

御浜町編

御浜町で海を見ながら食事するなら、御浜町にある道の駅『ピネ』の2階にある『ごちそうダイニング』がいいです。

テーブルなどのキレイさは鬼ヶ城センターの方がキレイですが、かなり広さがあるので安心して入れます。

ピネの食事写真

食事は天ぷらがかなりおいしかったです!

そしてここもオープンテラスになっています。夏場はビアガーデンも始めたようなので、ちょっと飲みに行くのもよさそうですね。

ピネのオープンテラス写真

このピネからは海まで橋がかかっており、海を簡単に見に行くことができます。中にスーパーもあるので、買い物して海で食事なんてのもありですね!

御浜町の海写真

紀北町編

ちょっとだけ紀勢自動車道を降りて走る必要性がありますが、道の駅マンボウに立ち寄るのも面白そうです。

道の駅マンボウの写真

ここではマンボウを食べることができます。なかなかマンボウを食べることなんてないですよね。

マンボウのテイクアウトコーナー写真

道の駅の裏は海につながる池になっています。マンボウの中で食事もいいですし、ちょっとテイクアウト品をもって外で池を見ながら食べるのもいいですね。

マンボウの裏の池写真

串本町編

本州最南端といえば和歌山県串本町です。潮岬などが台風中継で出てきますよね。そんな串本にも『くしもと橋杭岩』という道の駅があります。

テイクアウトコーナーがあり、地域に関係したものなどが置いてあります。今回はマグロバーガーを食べてみたけどおいしかったよ。

マグロバーガーの写真

そのまま外で海と橋杭岩を見るのもいいです。

橋杭岩の写真

けど、せっかくきたなら二階まで上がれるので、二階から海を眺めるのもおすすめです! 遠くに大橋も見えます。

橋杭岩と大橋の写真

まとめ

ひさびさに紀伊半島に戻ってきたのでちょっと海が見えるところで気晴らししていました。この辺は海だけじゃなくて山や川もキレイなんだけど、それはまた別の話。

まだまだいろんなところがあるけど、今回はここまで。また、紀伊半島で出かけることがあったら追記していきますね。