オンライン英会話の道具写真

英語が話せれるようになると仕事の面で有利! けど、田舎だと大人が英語を学ぶ場所なんてないよ。

私は都会にいるときは試しに『NOVA』に入っていたけれど、田舎に大人が通う英会話スクールなんてありません。けど、キャリアアップするには英語は学んでおきたい。

そんなときに、田舎でも英語が学べるオンライン英会話スクールを見かけました。これならパソコンと周辺機材だけでなんとかなりそう。簡単に始めれるかどうか調べてみました。

オンライン英会話に必要な機材

オンライン英会話に必要なのは、スカイプがダウンロードして使用できるレベルのパソコンやモバイル端末ですね。あとはマイクやカメラが内蔵されていない場合は準備する必要性があります。

スカイプダウンロードページ

ヘッドフォンタイプが苦手というひとにはスタンドタイプのマイクロホンがおすすめです。

オンライン英会話スクールの種類

英会話スクールはいろいろありますが、やはり大手のリクルートやDMMがやっている英会話教室だと安心です。TOEICの点数を上げるならリクルートの英会話スクールがいいですね。

業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH

そうではなく、実際に実務で英会話が使えるようになりたいって人はDMMの英会話教室がいいですね。

DMM英会話を実際に試してみた

とりえず試してみるが一番! と言うわけでDMMのオンライン英会話教室を試してみました。なんと二回まで無料なんです。

DMMのアカウントがなければ作る必要性がありますが、あれば簡単に試すことができます。試しにやってみましたが、いろんな講師がいてちゃんと選べるのがいいところ。

無料体験のときだけは日本人講師も選べるので、いろいろ心配な人は日本人講師を選んで始めるのがオススメです。(私も自信がなくて日本の方を選びました)

あとは、なかなか時間が取れない人は500円のチケットを毎回購入するのが無難ですが、がっつりやる人は定額の方がお得なので、そちらの方を選択したほうがいいです。

DMM英会話の気になる点

DMM英会話の気になる点は、こちらもキャンセルしやすいけど講師もキャンセルしてしまうことがあることですね。普通の英会話教室ならなかなか休校にはならないので。

当然、代わりの人で講義を受けたり、チケットの返還などは行われます。ですので誰でもいいって人なら問題はないかな。

あと、お試しは無料で始めるハードルは低いですが、英語をネイティブで話している人をしっかり取れるコースは結構値段が高いです。本気で学ぶなら、一番しっかりしたコースの価格をしっかり確認しておきましょう。

それと、普通のコースになってからも日本人講師が回数限定でいいから選択できたらなと思いました。

英会話スクールの方がいい場合

実際に通える英会話スクールがあっても、料金が安いのでオンライン英会話スクールのほうがいいですね。交通費もかかりませんし。

ですが、壁の薄いアパートなどで声が出せない場合や、リアルに人と出会って楽しみたいと言う人は、普通に英会話スクールに通った方がいいですね。

『NOVA』の1万円コースに試しに通ってみるのもいいですね。

駅前留学のNOVA

まとめ

田舎で簡単に英会話を学べるオンライン英語教室は便利ですね! ネットで何かやるのってちょっと勇気がいるなと思っていたけど意外と簡単に登録できちゃいました。

資格を取得してもその仕事から離れれば意味がなくなります。けど、英語であればたいていの職場でも応用がききます。

TOEICとかでいい点取れればそれだけでかなり強い武器になります。田舎であればある程度声が出ても問題ないしもっと早く登録しておくべきだったなと思いました。