ハーブティー作りの材料写真

ハーブティーを煮込んで作っていませんか? ハーブティーは蒸らして作るとおいしいものができます。

ここではフレッシュハーブを用いて、煮込むのではなく蒸らすハーブティーの作り方を説明しています。

ハーブティーの作り方

今回は、ドライではなくフレッシュなものを利用することにしました。フレッシュの場合はドライより量を多くしましょう。まずは、とりたてのハーブを専用の容器に入れます。

香りが強いものは少なく、弱いものは多く入れるといいですよね。今回はスッキリした感じが欲しかったのでレモンバームを使用しました。

容器にレモンバームを入れた写真

この中に、沸騰した後少し置いたお湯を入れふたをします。蒸らし時間は好みで調整。あまり長く置くと余計な成分まで出てきておいしさが落ちます。

ハーブを蒸らしている写真

抽出ができたら好みで味を調節して飲みます。そのままでもいいですが、私はハチミツを少し入れるのが好きです。今回は桜から取れたハチミツを入れてみました。

ハチミツとハーブティーの写真

煮込んでハーブティーを作っている人がいたら、是非蒸らして作ってみることをお勧めします。全然味が変わりますので。

まとめ

ちょっと面倒かもしれませんが、しっかりと蒸らしてハーブティーを作ると味が違ってきますよ。

下手に煮込むと青臭さが出てきたり、香りの成分が飛んだりとよくないことが多いです。

ハーブティーを緑のある癒し空間でゆっくりと楽しみ、心身ともにやすらぎましょう。